本文へスキップ

ブログ

2020/02/24

春のデトックスでエネルギーをととのえる

こんにちは。渡邉利咲です。

 

養生論によると春は毎朝、櫛で頭をとかすようにすると、気と血をたくさん流し(血行が促進され)体に良いとされています。

 

さて、春や甲(きのえ)・乙(きのと)の日には肝が元気になると言われており、肝と同じ木に属しているからと考えられています。

 

中医学でいう肝は気の流れを通して臓腑・器官、そして精神の状態に影響を与えていくのですが、気の流れというのは川の流れのようなイメージではなく、下降・上昇・発散などの意味を持ち合わせており、この気の流れ方を総称して「疏泄(そせつ)」といいます。

 

気の流れが血を流していくと考えるのですが、気の流れの異常は血の流れにも影響していくと考えられています。

 

例えば、疏泄の流れの異常は、精神的なことでいうと悩みや心配が多くなったり、ため息がでたり、疏泄が過剰であると怒りがでやすかったり、穏やかになれずに落ち着かない気持ちになったり、不眠に陥ったりすると考えられています。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

さて、春はデトックスの時期でもあると言われておりますが、エッセンスにも「Detox((デトックス)」というエッセンスがあります。

 

各細胞にはその機能を妨げている古いエネルギーがあるのですが、Detoxのエッセンスはこの古いエネルギーを出すサポートをしてくれます。

 

自分にとって為にならない思考や感情を手放し、エネルギー(気)の流れをスムーズにしてくれるのですね。

 

このエッセンスは特に春に摂るのが良いとのこと。

 

ちょうど今ぐらいの時期が良いのかもしれないですね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/02/24

ハイバイブレーショナルチューニングとは?

こんにちは。渡邉利咲です。

 

数日前から色々と考えごとをしていて、同じ気持ちを共有している仲間に「今度、会ったときに私が思っていることを話そう。」と話す内容を整理したとき、ちょうど相手の方から連絡がありました。

 

「連絡をしなさい。って言われたの。」というのを聞いたとき、サポートってすごいな~なんて思い、そこから2時間以上話しこんでしまいました。

 

【サロンメニュー】

 

 

さて、クリスタルボディ・システムには「ハイバイブレーショナルチューニング」というワークがあります。

 

これは波動を上昇させることによって、その人の現在の時点においてもっとも高い波動に調整するワークとなります。

 

波動というとわかりにくいかもしれませんが、多くの人はご自分の波動と似たものや、近いものを選択するようになります。

 

もっとシンプルに言うと、食べ物、本、情報、お店、話題、人間関係などの選択において、自分の好みとなってあらわれてくるのですね。

 

ご自分が選択する対象の波動が違いすぎると居心地が悪いと感じて、自分が心地よいと感じるものを選ぶようになるでしょう。

 

高い波動になり続けることが可能になると、より高く深い観点からものごとの本質を見ることができるようになり、過去の古い信念、習慣、偏見などのパターンを打ち破ることが可能になっていきます。

 

信念や習慣を形づくるものの1つは、習慣としているものの波動とご自分の波動が近いことにあります。

 

ご自身の波動のほうが高くなるにつれて、古い波動を持つ信念形態はしっくりこなくなり、新しい視点からものごとを見るようになっていきます。

 

ハイバイブレーショナルチューニングはその人の現在の時点においてもっとも高い波動に調整するワークですが、全体的な波動をあげたり、より細かいところから1つ1つに波動を上げていくワークとなります。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/02/18

すべての創造的なエネルギーに関わるストーン

こんにちは。渡邉利咲です。

 

我が家にエネルギーをチャージしたシバリンガムを置いてから、徐々に家族の行動が変化してきたのが興味深いなぁと思います。

 

シバリンガムには「規則正しい生活習慣」になっていくような願いごとをチャージしたのですが、例えば、子供が夕食を食べたあとも何かを取りだしてきては食べていたのがなくなったり、帰ってきて少し休憩したあとに私が買ってあげた問題集を解き始めたり、今までよりも1時間早く寝るようになったり。

 

私も、定期的にウォーキングをするようになりました。

 

外は暖かくなってきましたし、ウォーキングをするには最適。

 

歩いていると、梅や椿が咲いていたりして楽しいですね。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

さて、シバリンガムマジックは、シバリンガムという石に願い事をチャージしていくセッションです。

 

シバリンガムはインドのヒンズー教の神聖な石であり、体内のエネルギーの活力を強化してくれます。

 

西インドのナルマダ川の1か所のみでしか採れないというシバリンガムは神性を表しており、伝統的に儀式、寺院、祭壇に使用されてきました。

 

神聖な川の石として、シバリンガムは創造、時間の流れ、傾向、浄化などのエネルギーと共鳴して、それらを変化させる力をもつと言われています。

 

また、この石は自分自身と他の人の陰陽の極性のバランスをとる男性性と女性性を融合します。

 

女性エネルギーを発火させ、男性エネルギーを刺激するこの石は、すべて創造的なエネルギーに関するものです。

 

シバリンガムマジックでは、具現化させたいことをお聞きして、この神聖な石にエネルギーをチャージして活性化させていきます。

 

チャージする時間は30~40分くらいで、遠隔でもお受けしております♪

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/02/15

春の到来を告げる希望の花

こんにちは。渡邉利咲です。

 

もうスノードロップが咲き始める時期になりました。

 

英名のスノードロップは和訳すると「雪のしずく」

 

一般にDropは雫と訳されますが、イヤリング(耳飾り)という意味もあり、「雪の耳飾り(イヤリング)」が由来のようです。

 

白い花が恥ずかしそうに下向きに垂れ下がっており、寒い時期、春の到来を告げる花としても知られています。

 

 

花の匂いを嗅いでみたとき、香りはほぼありませんでした。

 

鼻が利く人なら、もしかすると香りがするかもしれませんが。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

スノードロップにはこんな伝説があります。

 

アダムとイブがエデンの園を追放されたとき、とても寒く雪が降っていました。

 

永遠に続くかのような雪と寒さに絶望していると、天使が雪に息を吹きかけ、それがスノードロップになったという物語。

 

寒い2月~3月に咲くスノードロップは、いつまでも続くかと思われる暗く寒い時期に希望の光をもたらしてくれるようです。

 

絶望というものはいつまでも続くことはなく、いつかは暖かな日々が訪れるのだということを教えてくれているようです。

 

フラワーエッセンスとしてのスノードロップ(POF)も希望に関係しています。

 

辛い過去のできごとがあるとき、人はいつまでもそこから抜け出せないことがありますが、スノードロップのエッセンスは過去の解放を促し、優しく心を開いてくれます。

 

私がこのエッセンスを摂ったとき、過去のできごとを乗り越える強さというより、優しく過去を包み込んでくれて硬くなった体がほぐれていくような感じがありました。

 

過去へのこだわりや、過去を引きずっている人にとっては、無理強いすることなく優しく手放すことができるようになるかもしれません。

 

スノードロップの花言葉は「希望」

 

過去の辛いできごとを握りしめているとき、過去は自分自身の現在にも投影されていき、新たな痛みや苦しみを生む原因ともなりえます。

 

この可憐な希望の花は、過去を手放すことにより、私たちの周りの至る所に、優しさや慈しみ、温かさがあることに気づかせてくれるようにみえます。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

ご予約はこちら

 

参考文献:「大自然からの贈り物」 ネイチャーワールド株式会社

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/02/14

梅の花の伝説とフラワーエッセンス

こんにちは。渡邉利咲です。

 

ふんわりと甘く優しい香りが広がり、内なる平安へと導くような梅の香り。

 

公園をお散歩していると、いろいろな梅に出会うことができました。

 

枝垂れ梅が好きで、まだ三分咲きですが、これから満開になると美しいのでしょうね。

 

 

近くで花を見るととても綺麗です。

 

 

梅のエッセンスはFE2というブランドから出ています。

 

飲んでみたことがありますが、心が静かになり自分のなかにスペースができるような感じ。

 

ウメのエッセンスは、瞑想的な心の状態をもたらし、高次の自己とのつながりを強めてくれます。(「ファー・イースト・フラワーエッセンス ガイドブック」東昭史 浅野典子共著 ホメオパシー出版)

 

とあります。

 

静かに梅の花を愛でるとき、梅のエッセンスを摂ってから見てみると、また違う梅の姿に気づくかもしれませんね。

 

月影枝垂(つきかげしだれ)

 

緑色の萼が特徴的な月影枝垂。

 

少しだけ花が咲いていました。

 

月影枝垂(つきかげしだれ)

 

この梅の花の香りは、夜の月を思わせる夜露に包まれた梅の花のような甘く儚げな香り。

 

紅千鳥

 

梅は日本に300種類以上の品種があり、原種は小野妹子が持ち帰った薬用の「鳥梅(うばい)」が最初の梅だという説が有力です。

 

紅冬至

 

「梅は食うとも核食うな なかに天神寝てござる」という有名な言葉があります。

 

梅の核にはアミクダリンという成分があり、多量に摂取すると悪心や嘔吐、頭痛、肝障害が起こる可能性があります。

 

しかし、梅干しの梅ではアミクダリンによる中毒はないようで、我が家では生薬として使用しています。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

南高梅

 

「東風 (こち) 吹かば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな」

 

大宰府の飛梅伝説というのがあり、上記は菅原道真が大宰府に左遷されるときに一首をかけ去りました。

 

道真が大切にしていた梅の木は、道真が恋しかったのでしょう。

 

大宰府にまで飛んでいったということです。

 

満月枝垂

 

「梅田枇杷麦(うめだびわむぎ)」という言葉がありますが、

 

梅の実が豊作の年には米が豊作、ビワの実が豊作のときは麦が豊作という意味。

 

お天気の良い日が続くと梅が豊作で、雨が多い日が続くとビワが豊作になるようです。

 

お天気が良い日が多かったので、今年は梅の実がよく採れそうですね。

 

武蔵野

 

梅の花と日本庭園はとてもよく合います。

 

日本の素朴で凛としていて静寂な空気が好きで、いつまでも静かにここに居たいと思えます。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

ご予約はこちら

 

参考文献:

ファー・イースト・フラワーエッセンス ガイドブック」東昭史 浅野典子共著 ホメオパシー出版

和ハーブ図鑑 古谷暢基 平川美鶴 一般社団法人和ハーブ協会

日本のメディカルハーブ事典

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/02/13

自分自身を尊重するのに良いエッセンス

こんにちは。渡邉利咲です。

 

いまはイチゴの時期で、店頭にはイチゴがずらりと並んでいます。

 

以前は、毎年、2月になるといちご狩りに行っていました。

 

真っ赤に熟したイチゴをもぎとって、そのまま食べるとビックリするほど甘く、何個でも食べれます。

 

ビニルハウスのなかは暑くて、上着を脱いで汗だくになりながら食べていたのが懐かしいなと思います。

 

イチゴは漢字で「苺」ですが、名前の由来は母の乳首に似ているから。

 

 

調べてみたのですが、一番、糖度が高いイチゴは糖度20だそうで、一般に売っているイチゴは糖度11くらいなので、とても甘そうですね。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

フラワーエッセンスとしてのストロベリーは、自己尊重や自信を高めてくれます。

 

親などから心理的な虐待を受けたり、他者と自分を比較して自分を責めたり、自己不信、無価値感などをやわらげ、自信を高めてくれます。

 

自分自身を信頼したり、無価値な気持ちに襲われる、逆に、高慢であったりする経験は、多くの人がしてきているかもしれません。

 

「自分は何をやってもダメだ」と思ったり、「あの人はできているのに」と比較して落ち込んだり、その他にも、セクシャルの問題を含む様々な罪悪感や無責任になってしまいがちな人にも良いエッセンスです。

 

私は学生の頃に格闘技をしていたのですが、そのときの師匠がいつも言っていたことがありました。

 

「君は格闘技で訓練してきてるから、決して人に手を出してはいけないよ。

 

ちょっとしたことが相手を大けがさせてしまうから気をつけなさい。

 

でも、ほんとうに守らなければいけない人がいたり、命の危険があるときにはやりなさい。

 

そのときは、私は君を守るためにどこにでも出ていくから。」

 

師匠が弟子たちを愛しているのをいつも感じていました。

 

「自分自身を尊ぶ」というより、より高い精神(愛とでもいうのでしょうか。)を尊んでいたように思います。

 

イチゴは周囲の「悪い」草に影響されず美味しい実をつけるといわれています。

 

通常、松の樹冠の下ではほかの植物の生育は阻害されますが、興味深いことにオランダイチゴはスクスクと成長します。

 

ストロベリーのフラワーエッセンスのポジティブな要素である自信、自己信頼感、威厳が増していくのと似ていますね。

 

 

イチゴの花言葉は「尊重と愛」

 

自分自身を尊重し心が安定していくにつれて、自分を尊重するよりも、神性を尊ぶような境地になっていくのかもしれません。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京都練馬区の当サロンが行うセラピーについて知って頂けるブログを配信しております

フラワーエッセンスセンターロライマは、都会の喧騒から離れ、東京都にありながら落ち着いた空間で皆様のお心を深くまでリラックスさせるセッションをご提供しております。
そんな当サロンでは、セラピーに関することやフラワーエッセンスについてより知識を深めていただけるブログを配信しております。セラピストが書き綴るブログは、誰にでもわかりやすくあらゆる女性のお悩みに着目した内容を掲載しております。
フラワーエッセンスセンターロライマがご用意している各種セッションの詳しい詳細やフラワーエッセンスの魅力についても書いておりますので、是非ご覧いただければ幸いです。東京都エリアでお仕事や育児に追われ忙しい日々を過ごしている方に、安らぎと癒しをご提供いたします。