本文へスキップ

ブログ

2019/09/27

ちょっと怖いお花の話

こんにちは。渡邉利咲です。

 

最近、秋の花を見かけるようになりました。

 

秋の花が咲き始めるにしたがって、夜はだんだんと冷え込むようになってきました。

 

こちらは、カクトラノオ(ハナトラノオ)の花。

 

虎のしっぽのような形をしているので、この名前がつきました。

 

 

こちらはタマスダレ。

 

全草に毒があり、食べると嘔吐や痙攣をおこします。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

こちらは彼岸花。

 

あちこちで花が咲いているのを見かけますね。

 

 

膝の痛み、水をとるとして、民間療法で利用されてきました。

 

彼岸花の花は、とても不思議な魅力があります。

 

彼岸花は蠍座、冥王星と関係していると言われています。

 

色彩に乏しい墓地の周りを囲むように、華やかで吸い込まれそうな赤色の花に、背筋がぞくっとするような感覚があります。

 

「彼岸花は、お墓に眠っている人を養分にして育っているんだよ。」と、子供の頃、教えられました。

 

いまは火葬が普通ですが、昔々、土葬だった時代の話なのかもしれません。

 

お墓では、よくリンの火(人魂)が見られたそうです。

 

彼岸花を家の周りに植えると、その家は火事になると言われている地域もありますが、リンの火や彼岸花と関係があるのでしょうか。

 

どちらにしても、彼岸花は、この世とあの世をつなげる不思議な花のように感じます。

 

 

彼岸花が咲き乱れているときには、燃えるように真っ赤で目を引きますが、だんだんと花の色は褪せていき、ついには燃え尽きたかのような色になっていきます。

 

花は枯れ、茎も枯れたあと、葉が出てきて養分を蓄えて、十分に養分を蓄えると葉は枯れて、ついには地上から姿を消します。

 

姿を消した場所には、何もなくなり、「あの幻想的な風景は夢だったのか」と思ってしまうくらいです。

 

そして、来年にはまた美しい花を咲かせてくれる。

 

私は、山と海に囲まれた地域で大人になるまで過ごしました。

 

彼岸花が咲いている場所には、なぜかヘビが多い気がします。

 

ある彼岸花が有名なスポットへ行ったとき、至る所にヘビを見かけました。

 

花を観察している間に、4匹のヘビに遭遇しました。

 

彼岸花の異名には「蛇花」というのがあるそうです。

 

ヘビと仲良しだから「蛇花」、というわけではないようですが、偶然とも思えません。

 

フラワーエッセンスにも、彼岸花のエッセンスはあります。

 

FE2のエッセンスを摂ったとき、物質的な執着を解放されていく感覚があり、いままで執着していたのが跡形もなく消えていきました。

 

 

これも、彼岸花の生態に似ていますね。

 

面白いと思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 


 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/09/24

その優しさが人の心に積み重なっていく。

こんにちは。渡邉利咲です。

 

先日、イタリアンレストランに食事に行きました。

 

そこにいる店員さんの名札に絵が描いてあり、それがとても上手だったので「ご自分で描かれたんですか?」と聞くと、少し照れたように「そうです」と話してくれました。

 

「すごいです!ほんとうに上手。プロでお仕事されてるんですか?」と聞くと、「いえいえ、違います」と仰ったあと、メニューの書かれた黒板を指さして「あれも私が描いたんですよ。」と教えてくださいました。

 

話している姿が輝いていて、とても楽しそう。

 

そんな店員さんの姿を拝見して、私も楽しい気持ちになりました。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

人それぞれに持っている才能は違いますが、いろんな場所でそれを発揮して皆を楽しませたり、感動させたりすることができます。

 

フラワーエッセンスを摂っていくにつれて、自分自身が好きな事、目指したいと思っていることなどがハッキリしてきますし、

 

クリスタルボディ・システムでも、もともと持っている才能が開花してきます。

 

自分が何をしたいのか、どのような道を歩みたいのかというのがクリアになってくるのです。

 

そして、もしかすると、今までの自分とは全く違う選択をするかもしれません。

 

生まれてきた目的と自分自身が調和しているとき、幸福を感じるようになっていきます。

 

それは、一時的に高揚するような幸福感ではなく、瞬間、瞬間に心は平和に満ち、静かな幸福感が内側に広がっています。

 

体が踊り出すような動きのある喜びではなく、スピリットからくるような深く高い喜びに満ち溢れ、周囲がどのような状況でもその感覚のなかで居続けるのです。

 

さて、イタリアンレストランに入って、1時間後に閉店しますと言われたので、さっと食事を済ませて時間がくるまで食後のティータイムを楽しんでいました。

 

すると、先ほどの店員さんが「閉店時間を延長したので、どうぞゆっくりされてください。」と笑顔で仰ってくれました。

 

有難いお言葉に丁寧にお礼を言いつつ、長居はせずに1時間経ったらお店をあとにしました。

 

もしかしたら一度限りの出会いかもしれませんが、その優しさが人の心に層になって積み重なっていく。

 

店員さんを見ていて、私もお会いする方一人一人に丁寧に接していきたいと思いました♪

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 


 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
東京都練馬区関町北
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/09/22

心を込めると、相手の内側に響き続ける

こんにちは。渡邉利咲です。

 

もう20年以上前、私がよく行っていた小料理屋がありました。

 

そのお店はカウンターと奥にテーブル席が1つの小さなお店で、カウンターは5人座れば満席になっていました。

 

IMG_2134_thum-535x356

 

そこには70代過ぎくらいの女将が経営していました。

 

とてもさっぱりした性格の女将で、お客さんの話に耳を傾けて励ましたり、ときには叱ったり、歯に衣を着せぬ話し方でした。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

学生さんが来たときには、注文が入った料理の他に大きなおにぎりを握って「若いんだからしっかり食べなさい」と差し出したり、

 

一見さんが入ってきたとき、常連さんたちが話が盛り上がって大声でしゃべっていると「常連は気を遣え!」と喝を入れたり、

 

泥酔したお客さんには「泥酔するまで飲むんじゃないの!家に帰って寝なさい!」と叱ったり、

 

お母さんのような人柄と愛情の深さが人気で、お店はいつもお客さんで賑わっていました。

 

女将が亡くなったとき、お通夜や告別式には数千人もの人が参列していたのには驚きました。

 

参列した人の9割以上はお店のお客さんだったと思います。

 

まるで自分の母が亡くなったときのように悲しんだり、女将の思い出話をしながら懐かしんだりしていました。

 

女将がみんなに慕われていたのは、裏表のないキャラと、深い愛情があるから。

 

丁寧にされても、優しい言葉遣いでも(それはそれで嬉しいのですが)、そこに心がないと結果的には印象には残らない。

 

でも、心を込めると、相手の内側に響き続けるんですよね。

 

そして、バトンを渡すように、その心をまた誰かに渡していくようになっていく。

 

幸せの伝播ですね♪

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 


 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/09/22

誰かに頼ってみることも大切

 

こんにちは。渡邉利咲です。

 

この仕事をはじめたとき、あまり仕事で忙しくなりすぎると家族に申し訳ないなと思っていました。

 

それで、気を遣いながらやっていたのですが、だんだんとやることが増えるに従って、その気持ちが大きくなりパインのエッセンスを手に取りました。

 

そして、パインのエッセンスとその他に数種類のエッセンスを摂ったあと、「私は○○したいんだ。」と相談することができてとても自然に言うことができて、自分でも驚いたことを今でも覚えています。

 

家族の反応は「いいんじゃない」という感じで、それから全面的に協力してくれるようになりました。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

パインのエッセンスは「申し訳ないな」という気持ちをやわらげるのですが、いままで全部を自分で背負ってそれをこなさなければ申し訳ないと思っていたのですね。

 

でも、人に頼ってはいけないと思っているのは自分だけかもしれなくて、実は助けてくれる人はたくさんいるものです。

 

そんなことを実感しました。

 

「人様にご迷惑をかけてはいけない」と教えられて育つと、本当に必要なときに誰かの手を借りることすら申し訳ないと思うものです。

 

そんなとき、パインのエッセンスを使ってみてください。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 


 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/09/20

ほんとうに美しい人

こんにちは。渡邉利咲です。

 

愛を育むことは胎児のときからはじまります。

 

お腹のなかのお母さんが幸せで、穏やかでしたらお腹のなかのあなたも「安心だ」と思えますが、お母さんが子供を望んでいなかったり、精神的に不安定だったりすると、胎児は「怖い」「不安だ」と思うようになります。

 

3歳になる前の子が精神的に不安定で、恐れが多い子供がいました。

 

その子とお話をしていて「お腹のなかにいたときのことを覚えてる?」と聞くと、突然、遊んでいた手を止めて、顔を緊張させながらうつむき、「怖かった」と涙ぐみました。

 

お母さんに妊娠中のことを聞くと、妊娠したときに中絶をしようかと考えたり、その後も妊娠中は精神が不安定だったそうです。

 

胎児期だけではなく、幼少期から親に十分愛された記憶がないと、大人になってから希望を失いやすくなります。

 

子供の頃は、「○○ちゃんが嫌いと言っても、私は好き」と希望を持っていますが、大人になるとどうでしょうか?

 

 

【サロンメニュー】

 

 

人は、動物や花を見ると、顔をほころばせ素敵な笑顔を見せますが、人と会うときはなぜだか仮面をかぶったり、顔がこわばることがあるでしょう。

 

いままでに何度も人に裏切られたり、傷つけられた経験により「また傷つけられるのではないか」とハートを閉じてしまうのです。

 

そして、ちょっとした言葉に傷つき、すぐに心を閉ざします。

 

「傷つけられるかも」という不信感は、同じような人を呼び寄せ「ほら、やっぱり私が思っていた通りになった」と何度も同じことを繰り返そうとするのですね。

 

でも、人を嫌ったり、人への不信感は、実は自分を愛していなかったり、自分への不信感と同じことなのかもしれません。

 

自分を愛するエッセンスにはとても沢山の種類があり、そのなかの1つにセルフラブというエッセンスがあります。

 

 

自分自身の美しさに気づくエッセンスです。

 

自分自身を愛するにつれて、同時に愛されているような感覚が強まります。

 

自己愛が深まっていくにつれて、周りの目から見て、その人はキラキラと輝いて見えます。

 

 

私が拝見した70代くらいの男性ですが、彼の目を見るとまるで赤ちゃんのようでした。

 

なんのエゴも執着もなく、自分自身を愛し受け入れており、彼の笑顔はスピリットからくる至福の感情で満たされているようでした。

 

自分を愛し受け入れている人は、容姿や年齢、性別に関係なく、ほんとうに美しく魅力的だと思ったできごとです。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 


 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/09/18

ありのままの自分とは?

こんにちは。渡邉利咲です。

 

「ありのままの純粋な自分」についてお聞きされることがあります。

 

私の体験ですが、ありのままの自分には、前も後ろもありません。

 

外に求めることも、内側を探す必要もありません。

 

愛とは感情や思考ではなく、駆け引きも、買うことも、求めることもできません。

 

それらは、創り出されたものであり、愛の感情、幸福感が出ては消えていき、常に存在するものではないからです。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

不安や恐れ、悲しみ、幸福感、怒り、喜びは、1つの源泉から湧き出て、流れていきます。

 

この源泉が神意識の領域だと思っています。

 

流れでてくる思考、溢れてくる感情を一旦、すべてストップさせ、そのままの状態でいる。

 

1つの感情も動かさず、思考をはたらかせることもなく、「純粋になるために」と思わず、一切の思考、感情をストップして、ただそのままでいること、

 

これがありのままの自分です。

 

何かになろうと思うのは、幼少期から何かを求められてきたからであり、そのパターンによって「善い人になりたい」「自分を律しなければ」「癒さなければ」と考えるようになります。

 

それらを一度、すべて捨ててみるのです。

 

すると、「癒しをしなくてもいいんだ」「善い人をやめよう」など思われる方もいらっしゃいますが、それは「ありのままの自分」ではありません。

 

ですから、それらも手放して何もない状態にします。

 

何も無い状態、無の状態です。

 

何もないのです。

 

恐れも、悲しみも、喜びも、求めていた愛も、最初から何もなかったことに気づくはずです。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 


 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京都練馬区の当サロンが行うセラピーについて知って頂けるブログを配信しております

フラワーエッセンスセンターロライマは、都会の喧騒から離れ、東京都にありながら落ち着いた空間で皆様のお心を深くまでリラックスさせるセッションをご提供しております。
そんな当サロンでは、セラピーに関することやフラワーエッセンスについてより知識を深めていただけるブログを配信しております。セラピストが書き綴るブログは、誰にでもわかりやすくあらゆる女性のお悩みに着目した内容を掲載しております。
フラワーエッセンスセンターロライマがご用意している各種セッションの詳しい詳細やフラワーエッセンスの魅力についても書いておりますので、是非ご覧いただければ幸いです。東京都エリアでお仕事や育児に追われ忙しい日々を過ごしている方に、安らぎと癒しをご提供いたします。