本文へスキップ

ブログ

2017/10/10

幼い頃、幸せな家庭で育つことができなかった人へ 【イチゴ】

こんにちは。渡辺です。

 

今日、ご紹介するエッセンスは、です。

 

2月になると苺の季節になりますね。

 

 

いちご狩りでとった苺は、とても甘くて大好きです。

 

さて、フラワーエッセンスの苺は、

幼い頃に否定的な言葉を浴びせられたことや、

崩壊家庭で育ったことによる

痛みを解放してくれます。

 

苦しみや痛みの多い家庭で育った場合、

自己を否定し、

自分自身を丸ごと受け入れることが難しく、

自分を大切にできなかったり

することが多くなるかもしれません。

 

そのような苦しみの根底には、

幼少期に十分な愛情や、

認めてもらえなかった寂しさ、

「存在していいのだろうか」という思い、

夫婦の不和によって子供が持つ罪悪感

などがあるのでしょう。

 

しかし、親のほうも幼少期の頃に

似たような体験をしていることが

少なくありません。

 

先祖代々受け継いだ負の連鎖に苦しめられているのです。

 

自尊心が低くなると、

 

自信の喪失、

ネガティブな思考

自分を大切にすることができない。

過剰な自己防衛本能、

自分自身をコントロールすることができなくなる。

鬱々としてしまう。

 

など、様々なことに苦しめられます。

 

しかし、さらに次の世代に連鎖しないように、

断ち切ることが大切です。

 

子供の自尊心が育つのは、

何よりも親の心が安定し、

親が心から幸せを感じていることです。

 

※ ご本人にご了承をいただき、設定を変更して書いております。

 

あるお母さまが、

小学5年生の息子を見ると、

イライラしてしまうと悩んでいました。

 

息子には叱るところはないのですが、

なぜか理由もなくイライラしていたそうです。

 

和楽の苺のエッセンスと、

他に数種類の必要なエッセンスを飲まれたとき、

腹のあたりの緊張が緩まるのを感じたそうです。

 

そして、ふっと力が抜けて、

ニュートラルになりました。

 

日に日に幸せな気持ちが広がり、

いままで葛藤していたことも、

理由のないイライラも

まるで最初からなかったかのように、

消えてなくなりました。

 

そして、母親はあることに気づきました。

 

彼女は、小学5年生のとき、

学校の先生にいじめられていたのです。

家庭も、両親の不和で大変だったといいます。

 

息子さんとは関係ないのですが、

お子さんを見る度に、

心の深いところで当時のことが思い出され、

理由のないイライラになっていたといいます。

 

※ ご本人にご了承をいただき、設定を変更して書いております。

 

苺の花言葉は、

「幸福な家庭」「尊重と愛情」

 

 

花言葉にもあるように、

苺は、幸せな家庭を築くための

サポートをしてくれます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017/10/06

カーシステム、フラワーエッセンス、アクセスバーズセラピーの違いを書きました。

 

こんにちは。渡辺です。

 

今日は、カーシステムフラワーエッセンスアクセスバーズはどのように違うのか?ということについて、ご説明したいと思います。

 

人は、何度も転生するうちに、あらゆるカルマを持っています。

 

カルマにはポジティブなものもありますが、

たいていはネガティブな意味で使われていますね。

 

人が、人生を歩むとき、

スピリット、ハイヤーセルフ、魂の導きがあり、

物事が決定していきます。

 

ただ、地球では、自由選択のルールがありますので、

最終的に決定するのは、人である自分です。

 

人である自分は、物事の好き嫌い、

またはメリットかデメリットかなどで

選択することが多いのですが、

そうなると、本来の自分が生まれてきた目的から

外れていく場合がございます。

 

人が物事の好き嫌いで選択したり、

ネガティブな気持ちで選択したりするとき、

自己責任という宇宙の原則の中では、

望まなくても、蒔いた種は

自分で刈り取らなくてはいけないのです。

 

ネガティブなカルマをたくさん背負うとき、

人は、どん底や絶望を

経験している状態であるといえます。

 

そこで「何かが違う」と目が覚めるのです。

 

ですから、カルマという自己責任は

スピリチュアルな成長をするための

素晴らしいものなのです。

 

カルマに善悪はないということなのですね。

 

そして、何度も地球に転生してきた分、

多くのカルマが積もっていた場合に、

それらを刈り取るのに懸命になってしまい、

何も見えない状態になってしまいます。

 

背負うものが多すぎて、

身動きがとれなくなってしまうのです。

 

このような状態では、

進化どころか、カルマが足かせにしかなりません。

 

そのようなとき、

あなたが

許可を出している範囲でカルマをクリアにし、

再び自分の道を歩むことができるよう、

サポートするのがカーシステムです。

 

一方でフラワーエッセンスセラピーの場合ですが、

エッセンスには、鉱物、花、キノコ、動物、海洋生物など、

当サロンでは様々な種類のエッセンスをつかっています。

 

鉱物、キノコ、花などには、それぞれに役割があり、

個々にユニークなエネルギーを持っています。

 

すべての個々のエッセンスは、

それぞれに独自のエネルギーがあるのです。

 

それぞれのものが持つエネルギーが、

人の感情、精神のパターンと呼応し、

調和をとってくれます。

 

そうすることで、

いまの問題に気づきを促し、

目覚めて自分の人生を歩むようになるのです。

 

フラワーエッセンスセラピーは、

現在、悩んでいる1つの問題をピックアップし、

それを深く見つめていき、

ご本人様に合うエッセンスを選んでいきます。

 

内面が調和されるにつれて、

現在の問題を冷静に見つめることができ、

「なぜこの問題が起きたのか」について

気づきを得るサポートをします。

 

感情・精神の調和がとれるにつれて、

思い込みの枠が外れていきます。

枠が外れるにつれて、

行動、言葉などが変化していくこともあります。

 

エッセンスは、心を開き、愛を高め、

穏やかさ、平和、慈悲、優しさ、繋がっている感覚などの

感情を呼び起こします。

 

この体験はとても素晴らしいものです。

 

エッセンスには波動を高めたり、

霊視、霊感、霊聴を高めるもの、

高次チャクラを開き、

チャネリングをサポートしたり、

アカシックレコードリーディングのためのエッセンスなどもあります。

 

内面の癒しだけではなく、

人類のさらなる成長のための

エッセンスもあるのです。

 

さて、アクセスバーズセラピーですが、

こちらは、頭部の32箇所のバーに触れて

エナジーを解放していきます。

 

そうすることで、

様々な条件付け、

思考・感覚・感情から生じる二極性、限界、批判、

などから解放していきます。

 

人は、有限から機能しているとき、

その選択肢は限られたものになってしまいます。

 

しかし、ものの見方が広がっていくと、

様々な選択肢があることに気づくでしょう。

 

アクセスバーズは、5000年~1万年前までの

狭いものの見方を解放していきます。

 

ですので、1回のセッションでは、

頭の中がスッキリした感じがするかもしれません。

 

気持ちの良いヘッドマッサージを受けて、

しかも内面の癒しまで行ってくれるという感じです。

 

60~90分のセッションを何度も繰り返すうちに、

頭の中がさらにスッキリとし、

ものの見方が変化していくかもしれません。

 

このように3つのセッションはそれぞれに少し違います。

 

さて、フラワーエッセンスを体験してみたい方は、

10月20日(金)にフラワーエッセンスセミナーがあります。

 

セミナーでは、最後にご自分用のエッセンスを作って

お持ち帰りいただけます。

 

ご興味があればどうぞ。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/10/04

目標達成と内面の癒し

こんにちは。渡辺です。

 

もう10月に入りましたね。

 

昨日の「感じるを取り戻す」というブログでは、「感じる」ことの大切さをお話いたしました。

 

感じることは、自分の軸がぶれずに「今なにをしたいのか」や自分の意見をハッキリと持つために大切なものなのですね。

 

豊かさの法則や引き寄せの法則を実践するとき、

 

内面の癒しはとても大切になると思います。

 

幼い頃から、様々な制限をかけられて生きてきたとき、

 

例えば

 

「あなたにはムリよ」

 

「ほら、お母さんが言うとおりにしなさい。ね、言う通りにしたら上手くできたでしょ!?」

 

「ほんとうにボーっとしているんだから。」

 

等々、たくさんのネガティブな言葉を浴びせられてきたかもしれません。

 

アメリカのシャド・ヘルムステッターという学者は、

 

ほとんどの子供は幼い頃から、親から何らかのマイナスイメージを植え付けられてきています。

 

生まれてから20歳になるまでに15万回の否定的な叱られ方をしてきているのです。

 

と言っています。

 

15万回です。

 

生まれてから20歳になるまでに15万回ですので、

 

1年間に7500回、

 

1日に20回以上はネガティブな言葉を浴びせられてるのですね。

 

幼い頃から否定的なことを植え付けられてくると、

 

それが自分だと思い、否定的思考となり、行動などにもそれが現れます。

 

自分では麻痺して何も気づかなくなっていることも多いのです。

 

逆に、

 

「君はすごい」

 

「よくやったね」

 

「天才だ」

 

など、

 

肯定的な言葉を言われたのは、10分の1もないそうです。

 

もちろん、人によって大きく差はでると思いますが。

 

ですから、内面の癒しをせずに、引き寄せやスピリチュアルなことを実践すると失敗することになります。

 

例えば、

 

何かを引き寄せようとするとき、

 

必ず付きまとうのが、

 

不安、欠乏感、怖れ、自信のなさ

 

などです。

 

それは、植え付けられてきたものかもしれません。

 

「うちにはお金がありません。」と何度も言われたり、

 

「あなたにはムリよ」

 

「ほら!言ったとおり失敗したでしょ」

 

という言葉を浴びせられるだけでなく、

 

成功者への妬みや「あの人の考え方はおかしい」と

 

批判する言葉を、周囲から聞いていたりすると、

 

無意識のうちに成功することは悪いことのように感じ、

 

周囲からの批判を怖れたりします。

 

無意識は、自分で気づかないものなので厄介です。

 

 

ですが、それらをクリアにしていくと、

 

心が自由になりますし、自分が歩みたい道がわかってきます。

 

誰にお伺いを立てるわけでもなく、

 

自分の道は自分で切り拓き、

 

未知の世界を探求し、

 

どんどん成長していく。

 

 

 

豊かな人生を歩んだり、

 

目標を達成するために、

 

内面の癒しは大切。

 

これらは切っても切れない関係にあると思います。

 

 

私、思ったのです。

 

多くの人が、20歳までに15万回もネガティブな言葉を浴びせられて、

 

大人になって、ふつうの生活をしている方が多い。

 

じゃあ、これが逆だったらどうなるのでしょう。

 

15万回肯定的な言葉を浴びせられてきたら?

 

どんな自分になっているのだろう。

 

ワクワクしませんか?

 

人って可能性に満ち溢れていて素晴らしいなと思うのです。

 

 

さて、10月のセミナーでは、自信を高めることにフォーカスしてお話し、最後にエッセンスを持ち帰ることができます。

 

「自信を高めるエッセンス」と言っても、それらがサポートする範囲は思っている以上に広いです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017/10/03

感じるを取り戻す。

こんにちは。渡辺です。

 

自分の人生を生きることは、

 

自分の軸をしっかりと持つことだと思います。

 

それには、自分は今なにを感じているのかが大切だと思います。

 

レストランに入っても、メニューを見て「あ、これ美味しそう」と感じ、

 

「これ、食べたいな。」と考え、

 

「これください!」と注文します。

 

IMG_20170909_165110382.jpg

 

でも、軸がぶれていると、お友達と居酒屋に行っても、

 

みんなが「生ビールお願いします」と注文しているのに、

 

「私は、梅酒ソーダで。」と言いづらい。

 

梅酒を飲みたいと思っても、生ビールにしてしまうかもしれない。

 

そして、あとから「やっぱり最初は生だよね。」と、自分に言い聞かせたりする。

 

 

人からのフィードバックをもらいながら行動していく人生は、とても生きづらいかもしれません。

 

それもそのはず。

 

他人の人生を生きることは、

 

思ってる以上にエネルギーを消費するのです。

 

「感じる」ということがおろそかだと、仕事、家事、人間関係などで許容量以上の仕事を請け負ってしまいがちです。

 

感じるという力が弱いので、肉体が悲鳴をあげていてもそれに気づくのが遅くなり、気がつくと動けなくなっていることもあります。

 

 

自分軸とは、

 

たくさんの人がいても自分の考えを保てるか

 

です。

 

人は、感じ、思考し、行動します。

 

引き寄せの法則と似ていますね。

 

それもそのはず。

 

「世界は自分で創る」というのは、日常的に私たちが行っていることです。

 

ほとんどの場合、無意識にね(笑)

 

でも、幼い頃

 

私たちが「楽しそう」と感じ、

 

「これやってみたいな」と思考し、

 

「よしやるぞ」と行動したときに、

 

大人の人に「それをやってはいけません。こうしなさい。」

 

と、行動にストップをかけられ、思考や行動に介入された経験はありませんか。

 

きっと多かれ少なかれ、経験あるはずです。

 

でも、少しばかりこの経験が多いと、子供は次第に感じることを自らを制限し、相手の「感じる」にフォーカスし始めます。

 

すると、大人は自分の「感じる」という部分が満たされる一方、

 

子供は感じることを抑圧します。

 

子供が大人になると、感じる部分が弱くなり、自分は今なにをしたいのかが分からなくなるのですね。

 

そうなると、あなたの悦びが私の悦び

 

と思ってしまいがちなのですが、

 

ほんとうにそうでしょうか?

 

 

この感じる力を大切にしていくと、

 

自分が今、何をしたいのかがわかるようになっていきます。

 

 

カーシステムは、3回で1セットのセッションになります。

 

そこでは、深くご自身のことを見つめていただき、

 

どのような怖れがあるのか、

 

どのような制限を持っているのか、

 

何を手放していきたいのか、

 

どのような未来にしていきたいのか、

 

など、様々な角度からご自分のことを見つめていただきます。

 

人は、何十年にも渡って自己に制限をかけ、

 

パターンを作ってきましたので、

 

たった3回のセッションですべてが変わるというわけではありませんが、

 

広い範囲でパワフルなワークをしていきますので、

 

かなりの部分で変化を感じると思いますし、

 

実際に、そうなっていくのを感じます。

 

さて、カーシステムの詳細はこちらです。

 

ご興味があれば是非。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017/09/29

不死の証明

 

こんにちは。渡辺です。

 

ダシ=ドルジョ・イチゲロフ(1852年 – 1927年)という方をご存知ですか。

 

彼は、ブリヤート族出身の偉大なラマ僧とでした。

 

ドルジョ・イチゲロフは、愛と平和の波動を持っており、誰もがそれを感じていたそうです。

 

彼は、「50年経ったら私の遺体を掘り起こしてくれ」と弟子たちに言い残し、入滅の準備を始め、6月15日、寺の一室にこもり、蓮華座を組み、数

日後、静かに息を引き取りました。

 

それから75年が経ち、遺体を掘り起こすと、防腐処理も施されていない彼の遺体は、とてもきれいな状態だったそうです。

 

死臭はなく、皮膚は柔らかく、関節も柔軟で、動かすことができたといいます。

 

法医学の専門家は、彼の遺体の皮膚、爪、髪の毛などを採取して調べてみました。

 

すると、驚くべきことに未だに細胞分裂をしていたということです。

 

この話を聞き、ドルジョ・イチゲロフの波動を感じてみたくなりました。

 

彼の波動を感じてみると、その深く超越した愛に思わず涙がこぼれそうになりました。

 

彼の波動は無条件の愛そのものであり、彼は愛そのものだと思いました。

 

私の波動は、彼の波動に同調していき、途端に見ている世界のすべてが愛おしく感じました。

 

テーブルの上に置いてあるティーカップ、椅子、ソファ、ベランダの植物たち、青い空。

 

この世界にあるありとあらゆるものに神の存在、深い愛を感じたのです。

 

これがドルジョ・イチゲロフの世界なのかと思いました。

 

エッセンスを使用していると、あらゆるものへの愛と感謝に包まれる瞬間がありますが、人からこのような波動を感じたのは初めての経験でした。

 

彼は愛そのものです。

 

不死という奇跡を証明した彼は、誰にでも同じことができるのだと伝えたかったのかもしれません。

 

現世を超越した方々は、それぞれの方法で私たちに秘められた素晴らしい能力に気づかせるため、度々奇跡を起こします。

 

それは、自分の力を誇示するのではなく、それは当たり前にできるのだと伝えるためでしょう。

 

私が参考にしたサイトのリンクを貼っておきますが、遺体を掘り起こしたときのお写真などがございますので、躊躇なさる方はご無理をなさらない

でくださいね。

 

Buddhist Students Who Open Their Teacher’s Grave Make A Discovery That Science Can’t Explain

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017/09/23

自然に感謝する

こんにちは。渡辺です。

 

今日は、秋分の日。 Harmonyさんのところでサバトをしていました。

 

サバトは、自然の恵みや天に感謝をささげる儀式です。

 

静寂と大きな愛や感謝のエネルギーに包まれ、心は平和で静かでした。

 

ただ、静かに、地球に、天に、自然に、生きとし生けるものに、恵みを与えてくれたことに感謝を捧げました。

 

静寂のなかで、生命の息吹を感じていました。

 

種が落ち、芽が出て、花が咲き、虫たちが花粉を運んで、実り、再び種ができる。

 

雨が降り、豊富な栄養分が山から川へ、そして海へと流れだし、生き物の栄養分となる。

 

嵐は海の水をかき混ぜ、温度を調整し、養分を表面に浮き上がらせる。

 

雨は水の情報を浄化する。

 

様々な情報が入った水は、蒸発して雲になり、雨となって落ちてくるとき、浄化されているという。

 

自然が織りなす華麗なるダンスを感じていました。

 

この美しい地球は奇跡だと科学者たちは言います。

 

その奇跡の地球に私はこうして生まれ、今ここでマザーガイアに感謝を捧げていることがありがたいと思いました。

 

そして、祭壇を見ていると昔の懐かしい記憶がよみがえりました。

 

何度も、このように祭壇をつくり、感謝を捧げていました。

 

あらゆるものに感謝し、幸福を祈り、特別なエネルギーに触れて、それを感じる。

 

この雰囲気が好きで、生まれ変わっても同じことをしたいと、何度思ったことでしょう。

 

私はまた同じことをしています。

 

さて、祭壇のお写真をいただいたら、またブログにアップしますね。

 

とても素敵に飾り付けができたと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京都練馬区の当サロンが行うセラピーについて知って頂けるブログを配信しております

フラワーエッセンスセンターロライマは、都会の喧騒から離れ、東京都にありながら落ち着いた空間で皆様のお心を深くまでリラックスさせるセッションをご提供しております。
そんな当サロンでは、セラピーに関することやフラワーエッセンスについてより知識を深めていただけるブログを配信しております。セラピストが書き綴るブログは、誰にでもわかりやすくあらゆる女性のお悩みに着目した内容を掲載しております。
フラワーエッセンスセンターロライマがご用意している各種セッションの詳しい詳細やフラワーエッセンスの魅力についても書いておりますので、是非ご覧いただければ幸いです。東京都エリアでお仕事や育児に追われ忙しい日々を過ごしている方に、安らぎと癒しをご提供いたします。