本文へスキップ

ブログ

2019/11/24

エーテル体の不調和

こんにちは。渡邉利咲です。

 

肉体の外側にはエーテル体というエネルギー体があります。

 

このエーテル体はショックなこと、事故、人との争いなどで傷つき、破れることもありますし、いろんなブロックがつくこともあります。

 

日常生活を送っていても、エーテル体が傷ついたり、ブロックをつくることもあり、

 

エーテル体に不具合が起きると、そこから生命力エネルギーが漏れ出したり、イライラ、恐れ、無気力感など様々なことが起こってきます。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

エーテリックヒーリングは、エーテル体のブロックを取り除き、破れたエーテル体を修復し、生まれながらにもってきたブロックも取り除いていきます。

 

エネルギーの流れがスムーズになるのですが、体感としては「体が軽くなった」と思うでしょう。

 

エーテル体とは不思議なもので、肉体に症状としてあらわれる以前にエーテル体に不調和があらわれて、時間をおいて物理的肉体に症状があらわれてきます。

 

例えば、ぎっくり腰、胃の不調などの不調も、まず最初にエーテル体にその兆候があらわれて、時間をおいて肉体的に胃が痛くなったり、ぎっくり腰になったりします。

 

精神的・感情的な問題もまずはエーテル体にうつしだされ、それから精神的な不調和としてあらわれていきますので、見えないエーテル体をきちんと整えていくことは大切だと思います。

 

エーテリックヒーリングでは、このエーテル体の不調和を癒し、活性化し、不要なものを取り除き、バランスさせていきます。

 

エーテリックヒーリングにて早めに修復してあげることで、感情・精神、肉体にあらわれることを未然に防いでくれることと思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

Meditation (1)

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/24

フラワーエッセンスで気づいたら英会話が上達していた?!

こんにちは。渡邉利咲です。

 

夜、ジェムエッセンスを摂りながら、フラワーエッセンスの変化を記録しているノートを読み返していました。

 

今までフラワーエッセンスを摂っていて、いろいろなことが起きたので忘れていることも多いのですが、「1年前はこんな気持ちを持っていたのか」、とか、「2年前は…」なんて、何年も遡って見ていると面白い。

 

クライアント様には、セッションのご感想をメールなどで送っていただくことをおススメすることもあります。

 

または、専用のノートに記録するのもいいかもしれません。

 

ご本人様が後々ご覧になると、結構、驚くことが多いですし、励みになったり、自信につながります。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

エッセンス日記を読んでいて面白い記録があったのですが、

 

あるエッセンスを摂っているときのことです。

 

子供や近所のお友達と一緒に英語村みたいな色んな体験ができる施設に遊びに行ったんです。

 

その施設内のスタッフはほぼ全員が外国人の方で、日本語がわからない方も多かった。

 

それで、あちこちでスタッフの話しかけられたのですが、「あれれ?!」という感じで、こちらもスラスラって言葉がでてきました。

 

お店で買い物しているときに、店員さんと会話していてお会計のときに「あなたは英語が上手ね!」と褒めてくれたんですが、自分でも不思議な感覚でした。

 

褒められて「嬉しい」という気持ちはまったく湧かず、逆に「このエッセンスすごーい!」と感動していました。

 

このような体験談がいろいろと書いてあって、「懐かしい!」と思ったり、笑ってしまったり。

 

さて、明日は一日中外出しておりますので、ご連絡のお返事が遅くなると思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

Meditation (1)

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/23

今日の言葉

こんにちは。渡邉利咲です。

 

今日は受け取ったメッセージをお伝えしようと思います。

 

先々月だったかと思いますが、私が普段、一緒に仕事をしているチームの方たちと、0時近くまで会話をしていました。

 

そのとき、色んな話をしたり質問していたときに受け取った言葉の1つです。

 

何かのヒントになれば幸いです。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

***********************

地球人類だけではなく、すべての生きとし生けるもの、

 

草や木や動物、鉱物、空気や水、惑星、星々、、、そのすべては流れ、生き、呼吸をし、形をかえて循環しています。

 

私たちは個人であり、他から独立していると思われがちですが、今、この瞬間にも繋がっており、それはあらゆるレベルで繋がっています。

 

あなたの考え、行動、思いは常にすべてに対して影響を与え、それは互いに影響を与えあっています。

 

まるで呼吸しているかのように。

 

広い視野を持ち、すべてに対して責任をもって行動していきなさい。

 

そして、常に純粋で中立でいなさい。

 

あなたの住む世界は、ときにはそれが難しいこともあるでしょう。

 

あなたの世界で中立でいることは非常に困難であります。

 

感情というものはウイルスのように伝播し、それはあなた方が流している映像、言葉、文字、音、声、色などあらゆる形で影響しています。

 

あなた自身がありのままの自分で居続けるなら、それは周りに深いところで変容を起こし、癒しを促していくでしょう。

 

何かになろうとしなくていいのです。

 

ただ、あなたで居続けてください。

 

何もかもを手放していくとき、本物の宝石を手に入れることができます。

 

手に入れるというよりも、見つけることができる。

 

それは、あなたという宝石です。

 

あなたからあなたでないものを手放し、あなた自身に気づいたとき、あなたが今まで探していたどんなものよりも素晴らしく美しいものがすでにあることに気づくでしょう。

 

探すことをやめなさい。

 

求めることをやめなさい。

 

そこに真実はありません。

 

あなたがあなたで居続けたとき、すべては愛であることが本当の意味でわかるでしょう。

 

この世界に愛でないものは1つもないのです。

 

*********************

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

Meditation (1)

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/21

自分を表現できる強さを持つエッセンス

こんにちは。渡邉利咲です。

 

今日、ご紹介するエッセンスはセントーリーです。

 

セントーリーの和名はベニバナセンブリと言います。

 

このセントーリー(Centaury)は、ギリシャ神話に登場する半身半馬のケンタウロスの種族の医師で、アキレスや医神アスクレーピオスなどの師でもあり、人間に薬草を伝えたとされるケイロンの名前に由来します。

 

ケイロンは不死身でもありましたが、あるとき、アキレスが放ったヒュドラーの毒矢により傷つきました。

 

不死身であるケイロンは、毒の苦しみに耐えきれず、不死をプロメテウスに譲って、自ら死を選びました。

 

夏の夜空に輝く射手座は、ゼウスがケイロンの死を悼んで星座にしたものです。

 

また、1977年に土星と天王星の間で発見された、彗星・小惑星遷移天体のひとつ、キロンもケイロンにちなんで名づけられています。

 

「傷ついたヒーラー」とも言われるキロンは、私たちがもつ負いやすい傷の傾向を示しており、心の傷と必要な癒しをみることができます。

 

【サロンメニュー】

 

 

さて、フラワーエッセンスとしてのセントーリーは、他者の感情に対して敏感で、自分の力量以上に他者に奉仕する人に適しています。

 

このタイプの人は、優しくて思いやりに溢れており、不調和や争いを好みません。

 

人が喜んでいる姿や、周りの幸せを心地よく思う人も多いでしょう。

 

しかし、優しくて思いやりに溢れる長所も、行き過ぎると他者を依存させたり、人々がもっているエゴを増長させることにもなります。

 

他者との境界線が希薄になり、人に利用されたり、損な役回りをしてしまって自分の生活を犠牲にしたり、時にはからかいやイジメの対象にさえなりえます。

 

セントーリーのエッセンスは、他者との間に真の調和を見いだすサポートをします。

 

必要なときに手を差し伸べ、それ以外のときにはNOと言い、他者だけではなく自分自身にも思いやりを持つようになります。

 

占星術でのキロンは、自分自身が今生で学び、乗り越えるために設定してきたもののに思います。

 

全く傷がない人生を送っている人が、他者の痛みを理解することなどできません。

 

この傷は今生だけではなく、過去生のものもあるかもしれません。

 

「傷ついた相手に対して、経験していないけれど思いやりを持てる」というのは、何かを経験してきているからではないでしょうか。

 

自分自身の傷つきやすい面を真に乗り越えたとき、それは他者に対する深い思いやり、相手に流されずに共感すること、他者の痛みに敏感になることができます。

 

これは、セントーリーのエッセンスのポジティブな面をあらわしているかのようです。

 

セントーリーの花言葉は「繊細さ」

 

セントーリーの種小名は赤を意味する「erythraea」なのに対し、花は可愛らしいピンクです。

 

赤は生命力をあらわし、第1チャクラの色もあらわしています。

 

赤の持つ課題は、他者をコントロールし、闘争、怒り、グラウディングの弱さ、気弱さ、生命力のなさなどをあらわしていますが、この赤色に純粋さの白が入るとピンクへと変化します。

 

ピンクがもつテーマは愛と気遣い、無条件の愛の学び。

 

この2つは共にリンクしているように思うのです。

 

セントーリーのエッセンスは、繊細な意識の光が内側に入り込み、真の愛と調和へと導いてくれるように感じます。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

Meditation (1)

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/18

豊かさの流れをスムーズにしていくということ

こんにちは。渡邉利咲です。

 

豊かさへの欠乏は他者が持っている豊かさへの嫉妬、嫌悪感、批判として出てきます。

 

技術の向上、経済的豊かさ、カリスマ性など、他者がもつあらゆる側面への豊かさを言動やエネルギーなどをつかって阻む原因となっていきます。

 

皆が内なる豊かさ、幸福感を持っているならば、それは相乗効果としてさらに繁栄していくことでしょう。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

アバンダンス・プログラムは、人々が持っている不要な観念をクリアにし、欠乏感を癒し、すべてはあり余るほどにもっているという感覚をもつことをサポートしてくれます。

 

人は生れてから今までの間に様々な観念をすり込まれてきました。

 

物事にはコインの裏表のように、常にポジティブとネガティブ、光と闇があわさっています。

 

ですので、良いと思われる躾でも、ネガティブな側面にフォーカスされるとそれが障害となる場合もあります。

 

例えば、「人に迷惑をかけないように。」というのは、もっともなことのように思いますが、それが信念となって頑なになったときには、必要なときに助けを求めることができなくなったり、相手のご厚意を受け取ることを申し訳なく思ったりすることでしょう。

 

人の厚意に対して申し訳ないという気持ちがつのるとき、この罪悪感の感情は内側に向いて自分自身を傷つけますので、自分を守るために無意識に外側に向けられることがあります。

 

それは、人の親切に冷淡になったり、相手を批判するような言動になったりと現れ方は人それぞれですが、こうして豊かさを受け取ることが困難になっていきます。

 

アバンダンス・プログラムは、本来ご自分がもっている豊かさに気づかせるとともに、豊かさを受け取ることをスムーズにしてくれます。

 

水も流れずに滞っていると腐ってしまいますが、エネルギーも同じことがいえます。

 

豊かさも循環させていかないと滞ってしまい、欠乏感や不足感へと変わっていくものです。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

Meditation (1)

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/16

過去生のトラウマがサイキック能力を抑圧する

こんにちは。渡邉利咲です。

 

人はしばしば過去生のトラウマによって現在に影響を及ぼしていることがあります。

 

今生でもショックやトラウマ的があれば、その記憶はしばしば忘却されたり、記憶が書きかえられていることもあるでしょう。

 

これは過去生に関しても同じことが言えるのですが、過去のトラウマ的なできごとが過去生の智慧と繋がる障害となることもあり得ます。

 

ここでいう智慧とは、過去の自分がすでに私たちが身につけ、使いこなしていたもの。

 

例えば、代表的なものにサイキック能力があるかもしれません。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

Meditation (1)

 

 

過去生で起こった二度と思い出したくない出来事、例えば16世紀頃から大規模に起こった魔女裁判がありますし、カルトによる虐待などによって、自分自身のサイキック能力をマヒさせている場合です。

 

モンクスフード(FES)のエッセンスは、過去生のトラウマによってマヒしてしまったサイキック能力を統合するサポートをしてくれます。

 

トリカブトの花を見ると、まるでフードを被った高貴な人物か魔術師のように見えます。

 

 

そして、トリカブトの花が枯れたあとを見ていると、黒い悪魔の影ように見えるのです。

 

 

自分自身のなかにある霊的な部分の開花を妨げる悪魔がはびこっているかのようです。

 

深い紫色の花は無意識層をあらわしているように感じます。

 

そして、紫は赤と青の二色を統合した色となりますが、赤は血液を連想させ肉体的なイメージなのに対し、青は水、海を連想させます。

 

ちなみに、水の要素は感情エネルギーもあらわしていますし、ブループリントも青ですね。

 

宇宙の青写真が完成されることへの信頼みたいなものも表しているように思います。

 

モンクスフードのエッセンスのネガティブな側面は、まさにこの花が枯れたあとの悪魔の影のような形としてあらわれているのではないでしょうか。

 

この状態のとき、スピリチュアルなこと、哲学、倫理的なことや神を拒絶することもありますし、表面的には「本当の自分として生きていきたい」と思っていても無意識層ではスピリチュアリティを拒絶していることもあります。

 

このエッセンスのポジティブな変化は、赤と青の2つが統合され、スピリチュアルな存在として開花していくことです。

 

モンクスフードの花言葉は「あなたは私に死を与えた」

 

過去のトラウマ的なことは、実際に肉体の死に至らなかったとしても心が死んでしまうこともあります。

 

しかし、モンクスフードのもう一つの花言葉には「栄光」という言葉にもある通り、

 

無意識層にあるトラウマ的なことを統合させていくことにより、自分自身が光となって栄えていき、ひいては人類の光を増していくことにもつながるのです。

 

高貴さがただよう花とは裏腹に、有毒植物と植物界でも最強の毒をもつトリカブト。

 

その毒性は有毒成分アコニチンを2~6グラム摂ると痺れや痙攣をおこして死に至る。

 

でも、山のなかに生えているトリカブトは静かで凛とした美しさがあり、この神秘的な感じが好きなのです。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京都練馬区の当サロンが行うセラピーについて知って頂けるブログを配信しております

フラワーエッセンスセンターロライマは、都会の喧騒から離れ、東京都にありながら落ち着いた空間で皆様のお心を深くまでリラックスさせるセッションをご提供しております。
そんな当サロンでは、セラピーに関することやフラワーエッセンスについてより知識を深めていただけるブログを配信しております。セラピストが書き綴るブログは、誰にでもわかりやすくあらゆる女性のお悩みに着目した内容を掲載しております。
フラワーエッセンスセンターロライマがご用意している各種セッションの詳しい詳細やフラワーエッセンスの魅力についても書いておりますので、是非ご覧いただければ幸いです。東京都エリアでお仕事や育児に追われ忙しい日々を過ごしている方に、安らぎと癒しをご提供いたします。