本文へスキップ

ブログ

2019/06/13

制約解除

こんにちは。渡邉利咲です。

 

今日は、クリスタルボディ・システム3のセッションでした。

 

クリスタルボディ・システム3には制約解除のワークがあります。

 

私たちはこの地球に生まれてくる前、様々な制約をしてきており、もう手放してもよい制約に振り回されて、同じパターンを繰り返していることがあります。

 

これらには様々な種類のものがあり、私たちがそれらに気づき、十分に学んだあとも、同じようなネガティブなパターンから抜け出すことが難しく感じていることがあります。

 

これらはクリアリングなどでは解決することができない問題でもあります。

 

制約解除はこれらのパターンを、その方が手放す準備ができているもの手放し、新たな人生を生きるためのサポートとなります。

 

人によっては、人生が大きく変化することもあり、とても興味深いことです。

 

【サロンメニュー】

終わったあと、部屋のエネルギーが上がって、それが肌にも感られピリピリしていました。

 

セッション後は、食べ物の話で盛り上がり、アボガド料理を教えて頂きました。

 

 

作って食べてみるととても美味しくて、「もっと食べたいな」と思ったので、スーパーに買い物に出かけ、アボガドやその他必要な材料を買いそろえて再度作りました。

 

家族にも大好評で、あっという間に完食。

 

また作ってみようと思います♪

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/06/12

家族が舌打ちしてた理由

こんにちは。渡邉利咲です。

 

バッチ博士のつくった38種類のフラワーレメディは、様々な会社から出ています。

 

サロンで使用しているエッセンスはエインズワース社のものですが、また別の会社のエッセンスはちがうレイヤーに働きかけている感じで、同じお花のエッセンスでも奥が深いなと思います。

 

そんなフラワーレメディは、摂っているときに自然に自分の行動、言動、感情が変化しておりますので、微かな変化に気づかないこともあります。

 

例えば、嫌なことがあると舌打ちしたり、カッしたりする人、いますよね。

 

私の家族は野球好きで、テレビを見ながら勝った、負けたと言っていました。

 

「なぜ野球で勝つと、嬉しそうなんだろう?」と子供の頃は不思議に思っていて、逆に負けると舌打ちしたり、試合が終わっていないのにテレビを消すんですね(笑)

 

そこで、あるときフラワーエッセンスをあげたことがありました。

 

すると、舌打ちをしないし、いつもより幾分か感情が和らいでいるのがわかりました。

 

「舌打ちしなくなったね。」なんて茶化すと、「舌打ちなんてしたことはない。」と言っていた。

 

「いやいや、よく舌打ちしてたよ。」というと、「そうだっけ?してないと思うけど。」と言う。

 

そう、本人は舌打ちをしようと思っておらず、無意識に起こしていた行動だったのですね。

 

 

このように無意識に言動が変化していることが多いようです。

 

フラワ―エッセンスを飲んで、周囲の人々が「最近、優しくなった。」と感じるのは、ご本人の言動が無意識に変化していったからかもしれません。

 

特に、親子関係や夫婦関係ではこれが顕著に見られます。

 

最近、夫婦関係が良好だ、夫が優しくなった、子供を育てやすいと感じる、、、など、笑いのある家庭って楽しいですね♪

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

【サロンメニュー】

 


 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/06/05

「付き合う人を選択したほうがいいのですか?」という質問に関しての私の答え

こんにちは。 渡邉利咲です。

 

若い頃、私は犯罪心理学に興味を持ったことがありました。

 

「なぜ人は他者を傷つけることができるのだろう。」

 

「なぜそんなひどいことを平然と行えるのだろう。」

 

当時の私は、ロンブローゾの説を知りたいという気持ちもありました。

 

チェーザレ・ロンブローゾは犯罪学の父と言われた人物であり、彼は犯罪に影響を及ぼす遺伝的要素を指摘した人物で有名であります。

 

犯罪を犯す人たちはきっと特別な何かがあるのだと、私は当時、思っていました。

 

きっと私は高慢にも「私は彼らとは違う」と思い、ある意味、幻想的な優越感に浸りたかったのかもしれません。

 

 

裁判所に通ったり、実際に犯罪歴のある人に話を聞いたり、被害者の方のお話を聞いたりすることをしていた時期がありました。

 

はじめて傍聴席で話を聞いたとき、私は「どんな悪人が出てくるのだろう」と思っていました。

 

人々を苦しめることが好きで、「すみません」と言っていても反省の色がない人が出てくるのだろうと思っていたのです。

 

すると、出廷した被告人を見て「なんて小さい背中なんだ」と感じたのを覚えています。

 

私は幼少期からクレアセンテンス(情報を全身で感じる能力)に長けていますが、このときも、彼の幼少期からの情報を全身で感じて悲しくなりました。

 

彼は、愛される経験が圧倒的に少なかった。

 

「あなたのままでいいんだよ。」とありのままを認め、無条件に愛される経験が少なく、愛に飢えているようにも見えました。

 

裁判を見たあと、私は裁判所の長い廊下をとぼとぼ歩いていました。

 

そのとき、向こうから歩いてくる数人の若者が談笑しながら歩いてきました。

 

ピンク、ブルーなど、カラフルな髪の色に、鼻ピアス、耳ピアスがキラキラ光り、カラフルな洋服、女性はスカートが太もものあたりでスレスレで、下着が見えそう。

 

重々しい建物の雰囲気とのコントラストに目を引きました。

 

「次は何をみる?」

 

「殺人なんて面白そうじゃね?」

 

なんて、まるで映画館で「どの映画を観ようか?」と相談しているような軽さがあり、私は静かに怒りがこみあげてくるのを感じました。

 

 

あるとき、私は犯罪歴のある人にインタビューをする機会がありました。

 

幼少期の生活から現在に至るまでを事細かに聞いたとき、途中から胸が苦しくなったのを覚えています。

 

よくテレビのニュースでいじめられっ子が自殺したケースや、いじめられっ子が同級生から殺されたニュースがありますね。

 

その方は、それと同じような酷い目に遭っていました。

 

ほんとうに尋常じゃなく、なぜこんなことに?と思えるくらいです。

 

また、別のケースでは、「選択肢がなかった」というのもありました。

 

犯罪を犯す選択肢しかなかった、ということです。

 

これに関して書くととても長くなるので、ここでは詳しく話しません。

 

 

引き寄せブーム、スピリチュアルブームがあり、「豊かな人と一緒にいましょう」などの言葉をよく耳にします。

 

私も、この手のことで意見を聞かれることは多いのですが、私の意見としては「どちらとも言えません」です。

 

人のエネルギーは干渉し合っておりますので、精神性の高い人の傍にいるならば、私たちのエネルギーフィールドに良い影響を及ぼすでしょう。

 

確かに、「自分にとっては」良いでしょう。

 

でも、あなたが人を選び、「この人はOK」「この人はNG」とやっていると同時に、自分自身が選択されていることも忘れてはいけません。

 

「あなたは私より波動が高いからOK」「あなたは波動が低いわね」なんて心の中で思われていたら嫌ですよね。

 

 

さて、私たちには学びのステップがあります。

 

まず最初の成長段階で学ぶことは奉仕です。

 

最初の段階で学ぶことは、時間に追われ、誰かのために尽くしていくような初歩的な奉仕です。

 

ここで、私たちが学ぶことは奴隷にならないようにすること。

 

時間の奴隷、人々の奴隷にならずに、上手くやり繰りしていくことです。

 

そして、様々な段階を経て、最終的にたどり着くのも奉仕の道です。

 

この段階の奉仕は、すべての人の幸福を考え、何が人々にとって良いのかを考えて行動する全体への奉仕。

 

コミュニティの長、長老などが担う役割ですね。

 

全体への奉仕は、平等に愛すること、慈しみ、そして時には全体のために厳しい決断も必要になるでしょう。

 

長老が「あなたは波動が高いから付き合う」「あなたは精神性が低いからお付き合いしない」と、考えるでしょうか?

 

なんだか違う気がしますよね。

 

 

ですから、先ほど話に戻りますが、付き合う人を選択することについて、私はYESでもNOでもありません。

 

悪意があって傷つけてくるのであれば、距離をとって自分を守ることは大切ですし、実際にそのような学びも私たちにはあります。

 

疲労感が半端なく、とても辛いのであれば、それもまた距離をとることが望ましいかもしれませんが、自分が感じる疲労感を人のせいにしてはいけません。

 

自分のエネルギーフィールドをしっかりとさせ、他者が自分からエネルギー奪おうとするなら(例えば、依存、嫉妬、優越感、愚痴)などがあれば、自分が最善だと思う方法をとることも大切です。

 

何より忘れていけないのは、どの人も「嫌いにならない」ということです。

 

「好きになりなさい」とまでは言いません。

 

それは「嫌いにならない」を実践できた後の話ですから。

 

嫌いだと思って別れるのであれば、別れた後でもいいので、「嫌い」という気持ちが中立になるまでクリアリングすることが望ましいと思っています。

 

怒り、トラウマ、悲しみ、嫉妬、心配、不安、期待、情、優越感など、その人に向けられたあらゆる感情、思考を中立に保つとき、ほんとうの学びが見えてくるのかもしれません。

 

私がなぜこの犯罪の話をしたのかというと、人には、善人、悪人という違いはありません。

 

どんなに波動が高くても、サイキック能力があっても、愛を忘れてはいけません。

 

もし「幸せな世界になったらいいな」「平和な地球になったらいいな」と思うなら、私たちは隣人に対して、どのように考え、接していけばいいのでしょうか。

 

それを考えてみるのも、いいかもしれません。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

【サロンメニュー】

 


 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/06/04

愛されていることを感じるエッセンス

こんにちは。 渡邉利咲です。

 

私たちが感謝をしたり、人の良いところを褒めると、自らのなかにあるエネルギーもそれに反応し、より前向きな思考、生命エネルギーに満たされていく感覚がでてきます。

 

逆に、不平不満や不幸だと嘆く態度は、周囲の人からエネルギーを奪い、自らもネガティブな感情や思考に支配され、エネルギーが枯渇し、疲れやすくなったと感じたり、不運なことが多かったりします。

 

愛されたり、褒められり、感謝されることを人は心地よく感じますし、そのような前向きな人のところに人が集まるようになるでしょう。

 

 

感謝すること、褒めることは、心の底からそう思っているかどうかが重要だと思います。

 

たとえ良い言葉をつかったとしても、外面と心のギャップがあると居心地が悪く感じますよね。

 

「ありがとう」と全く思っていないのに、「ありがとう」と言われると、どういう反応をしたらいいのか困ってしまいます。

 

逆に、心から「ありがとう」と言われると、その言葉に嬉しくなったり、元気になったりするでしょう。

 

聖なる言葉を選ぶことで、私たちのなかのパワーを十分に発揮することができるようになります。

 

聖なる言葉がけしていくには、人々を平等に愛することが大切。

 

「私はあの人を愛せない」という相手に、愛の言葉をかけるのは無理ですから。

 

アンジェリックエッセンスには、ゴッド ラブ(God’s Love)というエッセンスがあります。

 

神は人類、動物、植物など生きとし生けるものを愛しています。

 

どれだけ自分は罪深いと思っていても、愛されるべき人間ではないと思っていても、「幸せだ、豊かだ」と感じている人でも、無神論者でも、絶えず私たちは神の愛に祝福されています。

 

このエッセンスは、神の愛を感じることや、逆にすべてを平等に愛することができる感覚を得るためのエッセンスです。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

【サロンメニュー】

 


 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/06/02

新しいレイヤーへと上昇していく

こんにちは。渡邉利咲です。

 

もし、私たちが日常生活の動作だけで過ごしていると、肉体は同じ筋肉ばかりを使ってしまい、野球やバスケットボールなどのスポーツをしても上手くコントロールすることはできないでしょう。

 

もし、私たちが生まれてはじめてピアノを弾くとき、指が思うように動かないので、練習が必要になってくるでしょう。

 

感情や思考の働きもこれと同じで、人は似たような場面で、似たような反応をします。

 

 

これが習慣やパターンと言われるものですが、このパターンは生れたときから今までのどこかで刷り込まれてきたものであったりします。

 

例えば、トラウマによって人とのコミュニケーションが円滑にならなくなったり、人前で話すのが得意ではなかったりする場合、これがパターンとして組み込まれてしまい、解放されるまでに永遠と同じパターンを繰り返すことになります。

 

これらを解放して新しいパターンを作りやすくするのがクリアリングです。

 

パターンにはそれをつくる原因となるものあると思いますが、何度も同じ失敗を繰り返すことで、まるで落ち葉が折り重なるように、パターンが固定化されていきます。

 

これを1つ1つ解放していくことで、絡まった糸が少しずつ解きほぐされていくように、パターンが少しずつ変化していきます。

 

そして、ある程度クリアリングをおこなったあとに、周波数や波動を高め視野を広げることで、新しいレイヤーへと移動していきます。

 

新しいレイヤーに移動すると、新しい時間・空間の観念、ものの見方、人間関係などあらゆることが少しずつ変化していきます。

 

クリスタルボディ・システムは、新しいレイヤーへと一気に上昇することを可能にしてくれます。

 

古いパターンを解放しやすくなり、気づき、受け入れ、変化させることも容易になっていくように感じます。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京都練馬区の当サロンが行うセラピーについて知って頂けるブログを配信しております

フラワーエッセンスセンターロライマは、都会の喧騒から離れ、東京都にありながら落ち着いた空間で皆様のお心を深くまでリラックスさせるセッションをご提供しております。
そんな当サロンでは、セラピーに関することやフラワーエッセンスについてより知識を深めていただけるブログを配信しております。セラピストが書き綴るブログは、誰にでもわかりやすくあらゆる女性のお悩みに着目した内容を掲載しております。
フラワーエッセンスセンターロライマがご用意している各種セッションの詳しい詳細やフラワーエッセンスの魅力についても書いておりますので、是非ご覧いただければ幸いです。東京都エリアでお仕事や育児に追われ忙しい日々を過ごしている方に、安らぎと癒しをご提供いたします。