本文へスキップ

ブログ

2019/05/31

ありのままを受け入れるということ

こんにちは。渡邉利咲です。

 

今日はアバンダンスプログラムシェア会でした。

 

今回のアバンダンスプログラムは2種類あり、1つが通常のアバンダンスプログラム、そしてもう一つはさらに視野を広げたアバンダンスプログラム。

 

両方ともエクササイズの内容は同じなのですが、個人的視野か、より世界を広げた視点から「私はこうしたい」という目標を立てるかの違いがあります。

 

 

個人的な豊かさのブロックをとることも大切だと思いますが、個人からグループへ、グループから世界へと、外側との自分自身との関係の滞りを解放していくことは、ひいては自分だけではなく全体の豊かさの循環を促進するためによいと思います。

 

今日のシェア会では興味深いことがありました。

 

エクササイズでは瞑想のなかでメッセージをいただくものがありますが、同じ日にみんなが同じメッセージをもらっていたのです。

 

「面白いね」なんて話しをしていました。

 

そして、これも共通しているなと感じたことですが、視野が広がったというか、考えが変化したこともありました。

 

深いところにあるものが解放され、新しい考え、新しいパターンを受け入れる準備ができたのだと思います。

 

みんなでシンクロしたことが嬉しく思いました。

 

そして、今日、お話していたことがあったのですが、ブログにも書かせていただきますね。

 

私は、スピリチュアルというと霊的進化を促進することだと思っていて、とっても簡単に言うと「良い人になること」だと思っています。

 

例えば、スピリチュアルな道を歩むときに大切なことは、それぞれのペースを尊重すること

 

インナーチャイルドの癒しをすることにより、自分自身だけではなく、環境もどんどんポジティブに変化していくでしょう。

 

すると、歩みが遅い者に対して、はやく引き上げたいと思うようになるかもしれません。

 

それが相手のためになると信じていたり、不幸な状況をどうにかしてあげたいという優しさからきているのだと思います。

 

でも、学びは自分でやるものです。

 

私たちは、相手の学びをとることをしてはいけない。

 

だからといって、傍観者になるわけでもなく、必要に応じて手を差し伸べられるようにしていればよいのだと思っています。

 

インナーチャイルドの癒し、クリアリング、より成長させるためのワークなど、それらをやろうと決心するのは、今のご自分の状態に気づいたときです。

 

「気づく」ということは、自分自身を「受け入れる」ということ。

 

ですから、あなたが愛する人を「助けたい」とか「引き上げたい」と切に願うとき、それは「いまの愛する人の状態を受け入れられない」という気持ちをどこかで持っているから。

 

誰でも愛して欲しいですし、受け入れてもらいたいものです。

 

自分自身を受け入れてくれない、愛しない人に、どうしたら心を開けるのでしょう。

 

まずは相手をありのまま受け入れ、愛していくことが、相手の癒しと成長への第一歩となると思っています。

 

あなたが愛する人を受け入れると、相手も自分自身を受け入れやすくなります。

 

これは、相手の行動や態度を肯定したり、賛成するという意味ではありません。

 

ただ、ありのままを善悪の気持ちもなく、ジャッジもせずにいるのです。

 

もちろん、「助けたい」「手を差し伸べたい」というお気持ちに善悪はありません。

 

何も言わずに相手の話を聞くだけでいいのか、というとそうでもありません。

 

必要なことは言いますし、アドバイスもすることはありますが、その根本に「相手をありのままを受け入れている」ことや「変えようとしないこと」があるのは大切だと思います。

 

必要な情報を与え、あとは相手の方の選択に委ねるのです。

 

もし、相手の方にとって必要な情報であるならば、もしかしたら、後々、それを思い出すときがくるかもしれません。

 

私たちが受け取る情報はすべて記憶されています。

 

あなたが与えた情報が相手にとって必要だという時がきたら、自動的にその情報が引き出されるのです。

 

それは1か月後かもしれませんし、10年後かもしれませんし、残念ながら一生思い出すことはないかもしれません。

 

それでいいのです。

 

「手を差し伸べたい」「助けたい」というお気持ちはそのままお持ちになってもいいと思っています。

 

それは大切なものですし、相手の痛みを理解したり、共感するとき、そういう気持ちが出てくるのは自然なことです。

 

ただ、「手を差し伸べたい」という感情と思考に振り回されることなく、できるだけ感情や思考の手綱は自分で握っていることだと思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/05/29

苦い体験を糧にして乗り越えてきた人の目は澄んでいて美しい

こんにちは。渡邉利咲です。

 

今日はアバンダンスプログラムシェア会でした。

 

「変化があった」「人生が変わった」という言葉を聞くたびに嬉しく思います。

 

それは、その方自身が努力され、忍耐されて、自分に気づこうとしているからだと思っています。

 

アバンダンスプログラムでも、どのようなセラピーでもですが、ご自身がどこまで行きたいかによってゴールは違っています。

 

 

以前は不安や恐怖で人と話すことができなかったり、

 

トラウマがあって塞ぎこんでいたり。

 

そんな時期を乗り越えて変容してきたからこそ、深いところから輝く美しさ、思慮深さ、優しさ、穏やかさを持つことができるのだと思います。

 

さて、私たちには過去生というものが存在すると言われています。

 

無数にある過去生では、大金持ちのときもあれば、困窮しているときもある。

 

楽しいときや、苦しい時代を生き抜いてきた過去生もあるでしょう。

 

今生でも様々な経験をしてきて、たくさんの体験をしてきたから、人に共感したり、同情したりすることができるのだと思います。

 

そして、あらゆる苦しみや痛みを糧にして乗り越えてきた人の目は澄んでいて美しいと感じます。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
住所:東京都練馬区関町北5丁目
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/05/28

自分を愛することを高めてくれるエッセンス

こんにちは。渡邉利咲です。

 

バラの華やかな芳香、美しいお花とは対照的に、茎にはトゲがあり、触れようとするものを傷つけます。

 

 

バラのエッセンスのテーマは愛と関係がありますが、時には痛みを通してのみ愛の叡智を理解することがあります。

 

痛みや苦痛のなかにいるとき、愛という言葉自体が陳腐に感じられることでしょう。

 

しかし、そこから抜け出して光のほうへと向かって進んでいくことで、愛というのが深く、より深く理解するようになります。

 

ヌーツカローズ(POF)のフラワーエッセンスは、ハートを癒し、心を開いて再び愛が流れるようにしてくれます。

 

自己愛を高めてくれますので、とても心地が良く、愛されているような感覚があるでしょう。

 

「自己愛を高める」というのは、自分でいることを心地よく感じることです。

 

これは、誰かに褒められたときの優越感や、人に認められたときや、物事を達成した喜びや嬉しさとは違います。

 

こうした外的要因が絡んでいる喜びや幸福感は刺激がなくなると同時に幸福感も消えますので、常にそれを追い続けなければなりません。

 

しっかりと自分を愛することができていると、外的な刺激がなくてもハートが満たされており、愛し愛されている感覚や、幸福感、心地よさに包まれています。

 

ヌーツカローズ(POF)のエッセンスは、妊娠中の女性や、子育て中の家族にとても良いエッセンスです。

 

妊娠中でしたら、腹部にエッセンスをぬってあげることで、お腹の中の赤ちゃんとの絆を育んでくれます。

 

生まれてきた赤ちゃんは、「この世界は安全で幸福なものだ」という印象を持ち、それが後々にまで良い影響を与えてくれます。

 

ヌーツカローズのエッセンスは単独で使用するのも良いですが、私はローズの精油とともに使用します。

 

例えば、精油とフラワーエッセンスをボディクリームに混ぜて使用すると、より華やかな気分にさせてくれます。

 

夜、ボディクリームをぬるのであれば、フロックスのエッセンスも一緒に入れるのがおススメです。

 

ゆったりとリラックスした気分になれますので、ハートに愛が流れてよりリラックスすることができるでしょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/05/24

深い絶望、闇の中を彷徨っているように感じるときのエッセンス

こんにちは。渡邉利咲です。

 

深い絶望感、消えてなくなりたいという気持ち。

 

突然の別れ、癌宣告、鬱など、目の前が真っ暗で、まるで闇の中を彷徨っているように感じるとき、スィートチェストナットのエッセンスは役に立ちます。

 

 

以前、知人に会ったとき、彼女はひどく疲れていて目の下にクマができていました。

 

「仕事忙しいの?」と聞くと、「まぁ、そうでもないけど。」とのこと。

 

私はそれ以上踏み込むのをやめました。

 

それから、またしばらくして彼女に会ったとき、さらに生気のない顔をしていました。

 

肝臓、腎臓が悪いのにも気づきました。

 

それより心配だったのが、このままだとうつ病になって病院通いか、自殺をするかもしれないと思いました。

 

真剣にフラワーエッセンスを飲むようにススメ、彼女も承諾しました。

 

それから、1か月後に彼女は生気が戻り、顔に表情が出て、声もワントーン明るくなりました。

 

3~4回、いろんなエッセンスを組み合わせて飲ませ、以前のようにお互いにジョークを言って笑い合えるくらいにまで回復しました。

 

最初に彼女に出したエッセンスの中の1つがスィートチェストナットです。

 

スィートチェストナットは、辛く長い夜もいつかは明けて、陽が昇ることに気づくようになります。

 

スィートチェストナットは和名でヨーロッパクリ、トゲトゲした殻に実が包まれて、触れることも難しく感じます。

 

しかし、殻が割れると中の実は栄養豊富で甘みのある実が出てきます。

 

この殻はまるでスィートチェストナットのエッセンスの状態に似ています。

 

トゲトゲした殻は絶望をあらわし、今までの通りのことが通用せず、殻を破らなければならない時がきたことを示唆します。

 

ひとたび棘のある殻から飛び出ると、希望の光が見えてきます。

 

こうして、魂は一段階成長を遂げ、変容が起きるのです。

 

スィートチェストナットのエッセンスは、魂の深い闇夜から希望の光を見出すサポートをしてくれるでしょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/05/23

思考パターンを変化させる

こんにちは。渡邉利咲です。

 

カーシステムには、物質的、感情的、精神的なフィールドを一気に浄化してくれる「強力洗浄ワーク」というのがあります。

 

カーシステムでは、

 

手放してもよい思考パターンなどを変化させたり、

 

生まれた頃まで遡って、その当時に持つことになった特定の思考パターンなどを変容させたり、

 

その他にもカルマ解除や、ご先祖供養などをさせて頂いたあと、

 

最後に強力洗浄ワークによって、物理的、感情的、精神的フィールドを一気に洗い流していきます。

 

 

カーシステムでは、思考パターンを変化したのがダイレクトに感じられるのが興味深いと思います。

 

思考パターンにダイレクトに働きかけることにより、凝り固まった思考をほぐして、自分自身が中立になっていくように感じます。

 

どのような感覚かというと、例えば、

 

ある状況を目にしたとき、Aさんは腹が立つかもしれませんが、Bさんは何も感じない。

 

このようなことは、往々にしてあるでしょう。

 

Aさんが腹が立つのは、その原因が過去にあるからかもしれません。

 

その原因を見つけてクリアにしていくことによって、ものごとを中立な気持ちで見るようになります。

 

それによって、ある刺激に対して反射的に行動を起こすのではなくて、冷静に対応するようになっていくようになります。

 

もし、何か目標があって、上手くいかないという場合、それがクリアリングをしたほうが良いときには、カーシステムは大変サポートになると思います。

 

目標を達成できない思考パターンをクリアにすることによって、スムーズにいくようになります。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019/05/21

再生される過去の記憶を解消する

こんにちは。渡邉利咲です。

 

私たちは過去の経験の記憶を繰り返し再生しています。

 

ある特定の場面において、同じ反応をすることによって、過去の記憶と似たようなことをつくりだしているのです。

 

 

相手に対しての反応の仕方や、ものごとにおける選択、決断にしても、似たようなパターンや習慣を持っています。

 

***********

 

例えば、ある人は「ヤバい。」という言葉を不快に感じていました。

 

理由をたずねると、以前、人に言葉遣いを注意されて不快に感じたために、この言葉を聞くのも嫌になったのだといいます。

 

これが過去の記憶を繰り返し再生して、同じ反応を繰り返すことなのですが、無意識に再生された記憶に反応することのほうが多いでしょう。

 

例えば、Hさんは幼少期から活発でクラスで人気者でした。

 

彼女は勉強も運動もでき、リーダー的存在。

 

そんな元気なHさんのことを兄は「お前は調子に乗っている」「本当は大したことないクセに」とけなしていました。

 

大人になったHさんは、活発で仕事ができ、みんなから人気のある人を見ると不快に感じ、何かと争うようになっていきました。

 

そのとき相手に放つ言葉は「あなたは調子に乗っている」だったそうです。

 

Hさんは、幼少期のことなど全く忘れていました。

 

***************

 

上の2つはたとえ話ですが、記憶の再生はこのような感じで起こります。

 

育児においては、母と子の関係は母が我が子の年齢だった頃の母子の関係や、当時の教師と生徒の関係などの記憶の再生が多いかもしれません。

 

再生された記憶によって生きることは、成長が停滞してしまうことでもあります。

 

過去の記憶が解消されるまでは何度も同じことを繰り返すのです。

 

私たちが持っている膨大な記憶は、通常、まったく気づいてはおらず、思い出すことさえできなかったりします。

 

そのために人は癖で生きてしまうのです。

 

クリアリング リピーティング メモリーのエッセンスは、繰り返し再生される記憶を解消してくれます。

 

それにより、過去の記憶や、記憶にまつわる感情面での苦しみが解放され、「今」を生きることを促してくれるでしょう。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

東京都練馬区の当サロンが行うセラピーについて知って頂けるブログを配信しております

フラワーエッセンスセンターロライマは、都会の喧騒から離れ、東京都にありながら落ち着いた空間で皆様のお心を深くまでリラックスさせるセッションをご提供しております。
そんな当サロンでは、セラピーに関することやフラワーエッセンスについてより知識を深めていただけるブログを配信しております。セラピストが書き綴るブログは、誰にでもわかりやすくあらゆる女性のお悩みに着目した内容を掲載しております。
フラワーエッセンスセンターロライマがご用意している各種セッションの詳しい詳細やフラワーエッセンスの魅力についても書いておりますので、是非ご覧いただければ幸いです。東京都エリアでお仕事や育児に追われ忙しい日々を過ごしている方に、安らぎと癒しをご提供いたします。