本文へスキップ

ブログ

2019/12/05

野生動物のエッセンス

こんにちは。渡邉利咲です。

 

東京に住んでいると、山を目にすることが少なくなります。

 

それで、ちょっと横浜のほうだとか、埼玉方面へ行くと遠くに山が見えてくる。

 

それを見るとなぜかほっとします。

 

東京に住んでいて、連休になると東京はシーンと静まり返り、車通りの多い道は気持ちがいいほど遠くまで見渡せる。

 

誰もが自然の中へ行くと心が洗われ自分に戻れることを知っていて、そこには私たちの魂の故郷があるかのようです。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

さて、エッセンスには動物のエッセンスがあります。

 

アボリジニなどのアメリカ先住民族たちは「パワーアニマル」という概念があり、アニマルが私たちのガイドとしてついていると考えています。

 

生涯を通じて私たちとともにいるパワーアニマルもいれば、その時々で変わるパワーアニマルもいると言われています。

 

 

さて、アニマルエッセンスには動物の部位などは入っていません。

 

人間に束縛されることなく自然のなかで自由に生きている野生動物たちでつくられたエッセンスであり、このエッセンスは高い振動数をもっています。

 

 

マインドの調和をとり、ご先祖様から受け継いできた問題をクリアにしていきます。

 

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

フラワーエッセンスお茶会

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/27

毒のある関係

こんにちは。渡邉利咲です。

 

今日、ご紹介するエッセンスはカツオノエボシです。

 

カツオノエボシは電気クラゲのことで英名は「Portuguese man-of-war」ポルトガルの軍艦という意味。

 

砂浜に打ち上げられたカツオノエボシは、透きとおった透明と青、紫のコントラストが綺麗で、思わず触れてしまいたくなります。

 

澄んだ紫がかった青色の浮袋はガラス工芸のように美しく、触手の部分は毒を含んだ刺胞に覆われており、それに触れると刺激によって毒を発射させます。

 

この毒によって小型生物をマヒさせて殺すのですが、人が刺されると真っ赤に腫れあがり、ときにはアナフィラキシーショックを受けることもあります。

 

カツオノエボシは、独立した推進力を持たず、浮袋に風をうけて進んだり波に漂っていて、青色の浮袋は海の色と同化していて注意をしていてもわかりづらいようです。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

さて、そんなカツオノエボシのエッセンスは、健康的な人間関係を築くサポートとなります。

 

友人やパートナーに「わたしを見てほしい」と感じたり「誰かと一体になっていたい」と思うとき、自立したつながりを保つ手助けをしてくれます。

 

「あの人に私だけを見ていて欲しい。」と願い、思うとおりにいかないので一波乱起こしてしまうというときにもカツオノエボシは役に立つかもしれません。

 

私がこのエッセンスを摂ったとき、感情的なつながりが消えていくような感覚がありました。

 

感情的なつながりとは、いろいろあるかもしれませんが、

 

例えば、「いま一緒にいる仲間がいなくなったら寂しいな。」というのも、一種の感情的なつながりでしょうし、

 

誰かに対して「しびれている」「うっとりする」というのも感情的な繋がりでしょう。

 

触れると触手の毒で「しびれる」カツオノエボシ

 

他者への依存、執着などの毒になりうる関係は、時折、波乱を起こします。

 

エッセンスとしては、「痺れるような関係」にいいのでしょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

Meditation (1)

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/24

フラワーエッセンスで気づいたら英会話が上達していた?!

こんにちは。渡邉利咲です。

 

夜、ジェムエッセンスを摂りながら、フラワーエッセンスの変化を記録しているノートを読み返していました。

 

今までフラワーエッセンスを摂っていて、いろいろなことが起きたので忘れていることも多いのですが、「1年前はこんな気持ちを持っていたのか」、とか、「2年前は…」なんて、何年も遡って見ていると面白い。

 

クライアント様には、セッションのご感想をメールなどで送っていただくことをおススメすることもあります。

 

または、専用のノートに記録するのもいいかもしれません。

 

ご本人様が後々ご覧になると、結構、驚くことが多いですし、励みになったり、自信につながります。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

エッセンス日記を読んでいて面白い記録があったのですが、

 

あるエッセンスを摂っているときのことです。

 

子供や近所のお友達と一緒に英語村みたいな色んな体験ができる施設に遊びに行ったんです。

 

その施設内のスタッフはほぼ全員が外国人の方で、日本語がわからない方も多かった。

 

それで、あちこちでスタッフの話しかけられたのですが、「あれれ?!」という感じで、こちらもスラスラって言葉がでてきました。

 

お店で買い物しているときに、店員さんと会話していてお会計のときに「あなたは英語が上手ね!」と褒めてくれたんですが、自分でも不思議な感覚でした。

 

褒められて「嬉しい」という気持ちはまったく湧かず、逆に「このエッセンスすごーい!」と感動していました。

 

このような体験談がいろいろと書いてあって、「懐かしい!」と思ったり、笑ってしまったり。

 

さて、明日は一日中外出しておりますので、ご連絡のお返事が遅くなると思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

Meditation (1)

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/21

自分を表現できる強さを持つエッセンス

こんにちは。渡邉利咲です。

 

今日、ご紹介するエッセンスはセントーリーです。

 

セントーリーの和名はベニバナセンブリと言います。

 

このセントーリー(Centaury)は、ギリシャ神話に登場する半身半馬のケンタウロスの種族の医師で、アキレスや医神アスクレーピオスなどの師でもあり、人間に薬草を伝えたとされるケイロンの名前に由来します。

 

ケイロンは不死身でもありましたが、あるとき、アキレスが放ったヒュドラーの毒矢により傷つきました。

 

不死身であるケイロンは、毒の苦しみに耐えきれず、不死をプロメテウスに譲って、自ら死を選びました。

 

夏の夜空に輝く射手座は、ゼウスがケイロンの死を悼んで星座にしたものです。

 

また、1977年に土星と天王星の間で発見された、彗星・小惑星遷移天体のひとつ、キロンもケイロンにちなんで名づけられています。

 

「傷ついたヒーラー」とも言われるキロンは、私たちがもつ負いやすい傷の傾向を示しており、心の傷と必要な癒しをみることができます。

 

【サロンメニュー】

 

 

さて、フラワーエッセンスとしてのセントーリーは、他者の感情に対して敏感で、自分の力量以上に他者に奉仕する人に適しています。

 

このタイプの人は、優しくて思いやりに溢れており、不調和や争いを好みません。

 

人が喜んでいる姿や、周りの幸せを心地よく思う人も多いでしょう。

 

しかし、優しくて思いやりに溢れる長所も、行き過ぎると他者を依存させたり、人々がもっているエゴを増長させることにもなります。

 

他者との境界線が希薄になり、人に利用されたり、損な役回りをしてしまって自分の生活を犠牲にしたり、時にはからかいやイジメの対象にさえなりえます。

 

セントーリーのエッセンスは、他者との間に真の調和を見いだすサポートをします。

 

必要なときに手を差し伸べ、それ以外のときにはNOと言い、他者だけではなく自分自身にも思いやりを持つようになります。

 

占星術でのキロンは、自分自身が今生で学び、乗り越えるために設定してきたもののに思います。

 

全く傷がない人生を送っている人が、他者の痛みを理解することなどできません。

 

この傷は今生だけではなく、過去生のものもあるかもしれません。

 

「傷ついた相手に対して、経験していないけれど思いやりを持てる」というのは、何かを経験してきているからではないでしょうか。

 

自分自身の傷つきやすい面を真に乗り越えたとき、それは他者に対する深い思いやり、相手に流されずに共感すること、他者の痛みに敏感になることができます。

 

これは、セントーリーのエッセンスのポジティブな面をあらわしているかのようです。

 

セントーリーの花言葉は「繊細さ」

 

セントーリーの種小名は赤を意味する「erythraea」なのに対し、花は可愛らしいピンクです。

 

赤は生命力をあらわし、第1チャクラの色もあらわしています。

 

赤の持つ課題は、他者をコントロールし、闘争、怒り、グラウディングの弱さ、気弱さ、生命力のなさなどをあらわしていますが、この赤色に純粋さの白が入るとピンクへと変化します。

 

ピンクがもつテーマは愛と気遣い、無条件の愛の学び。

 

この2つは共にリンクしているように思うのです。

 

セントーリーのエッセンスは、繊細な意識の光が内側に入り込み、真の愛と調和へと導いてくれるように感じます。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

Meditation (1)

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/16

過去生のトラウマがサイキック能力を抑圧する

こんにちは。渡邉利咲です。

 

人はしばしば過去生のトラウマによって現在に影響を及ぼしていることがあります。

 

今生でもショックやトラウマ的があれば、その記憶はしばしば忘却されたり、記憶が書きかえられていることもあるでしょう。

 

これは過去生に関しても同じことが言えるのですが、過去のトラウマ的なできごとが過去生の智慧と繋がる障害となることもあり得ます。

 

ここでいう智慧とは、過去の自分がすでに私たちが身につけ、使いこなしていたもの。

 

例えば、代表的なものにサイキック能力があるかもしれません。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

Meditation (1)

 

 

過去生で起こった二度と思い出したくない出来事、例えば16世紀頃から大規模に起こった魔女裁判がありますし、カルトによる虐待などによって、自分自身のサイキック能力をマヒさせている場合です。

 

モンクスフード(FES)のエッセンスは、過去生のトラウマによってマヒしてしまったサイキック能力を統合するサポートをしてくれます。

 

トリカブトの花を見ると、まるでフードを被った高貴な人物か魔術師のように見えます。

 

 

そして、トリカブトの花が枯れたあとを見ていると、黒い悪魔の影ように見えるのです。

 

 

自分自身のなかにある霊的な部分の開花を妨げる悪魔がはびこっているかのようです。

 

深い紫色の花は無意識層をあらわしているように感じます。

 

そして、紫は赤と青の二色を統合した色となりますが、赤は血液を連想させ肉体的なイメージなのに対し、青は水、海を連想させます。

 

ちなみに、水の要素は感情エネルギーもあらわしていますし、ブループリントも青ですね。

 

宇宙の青写真が完成されることへの信頼みたいなものも表しているように思います。

 

モンクスフードのエッセンスのネガティブな側面は、まさにこの花が枯れたあとの悪魔の影のような形としてあらわれているのではないでしょうか。

 

この状態のとき、スピリチュアルなこと、哲学、倫理的なことや神を拒絶することもありますし、表面的には「本当の自分として生きていきたい」と思っていても無意識層ではスピリチュアリティを拒絶していることもあります。

 

このエッセンスのポジティブな変化は、赤と青の2つが統合され、スピリチュアルな存在として開花していくことです。

 

モンクスフードの花言葉は「あなたは私に死を与えた」

 

過去のトラウマ的なことは、実際に肉体の死に至らなかったとしても心が死んでしまうこともあります。

 

しかし、モンクスフードのもう一つの花言葉には「栄光」という言葉にもある通り、

 

無意識層にあるトラウマ的なことを統合させていくことにより、自分自身が光となって栄えていき、ひいては人類の光を増していくことにもつながるのです。

 

高貴さがただよう花とは裏腹に、有毒植物と植物界でも最強の毒をもつトリカブト。

 

その毒性は有毒成分アコニチンを2~6グラム摂ると痺れや痙攣をおこして死に至る。

 

でも、山のなかに生えているトリカブトは静かで凛とした美しさがあり、この神秘的な感じが好きなのです。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/03

試験勉強によいフラワーエッセンス

こんにちは。渡邉利咲です。

 

最近、「試験はいつでしたっけ?」とサロンにお越しくださる方からお聞きされます(笑)

 

明日(11月3日)はお休みをいただいて、試験を受けに行ってきます♪

 

試験のときの緊張感ってわりと好きなほうで、 今からワクワクしています。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

さて、フラワーエッセンスには、試験対策に良いエッセンスがたくさんあります。

 

他の人と比べてしまって自信がなくなるときにはラーチのエッセンスがいいでしょう。

 

誰にでも素晴らしい長所があり、本来、人と比べたり、誰かに「勝つ」ことなどできません。

 

同じ勉強をして、向き不向きがあるのは当たり前で、どんな人でもご自分の得意分野では秀でているものです。

 

でも、誰かと比べて自信をなくしていると、本来のご自分の力を発揮することもできないので、そのようなときはラーチのエッセンスが役立つかもしれません。

 

そして、まだまだ勉強することが山積みのとき、負担や重荷を背負っている感覚の時にはエルム

 

夜中に勉強している人は、興奮して眠れないことがあるかもしれません。

 

これは気が上にあがっているときに見られる傾向ですが、このような人は学者タイプの人にも多く見られます。

 

何人かの方に「緊急エッセンスはよく眠れるよ」と教えて頂いたことがありましたが、きっと気が上にあがっているのが下がったからでしょう。

 

大学院の授業のとき、ある教授が「○○先生の論文を読んで、その内容が衝撃的で3日間眠れなかった」と仰っていたことがありました。

 

このようなときも緊急エッセンスは役に立つでしょう。

 

逆に緊急エッセンスを摂ると眠れない場合もありますので、ご自分のエネルギーの状態を見て判断されるか、プロの方にご相談されるとよいかと思います。

 

頭のおしゃべりが止まらない人、例えば、私は何時間も勉強したあとは、頭のなかで今勉強したものを教壇に立って誰かに説明しているイメージが浮かんでしまいます。

 

多分、はやく知識として吸収したいので、頭のなかでアウトプットしているのかもしれませんが、以前はこの思考のおしゃべりが止まらないことがよくありました(笑)

 

そのようなときは、ホワイトチェストナットのエッセンスを摂っていると、頭がシーンと静まり、気持ちよく入眠できていました。

 

最近では、学生さんもパソコンで勉強することが増えています。

 

電磁波が気になる場合は、電磁波対策のためのエッセンスが色々と出ていますので、それをお使いになるのもいいでしょう。

 

私は、パソコンのキーボードをたたいていたり、特にスマホを指でタッチしていると手が痺れてしまうので、そんなときはT1のボトルをしばらく握っていたりしますが、スーッと手が軽くなるような感覚があります。

 

さて、フラワーエッセンスには試験勉強に役立つエッセンスが数多くあります。

 

それぞれの方が持っている「もっと○○になったらいいのにな。」という目的にあわせてエッセンスを選んでいくと、とても良い変化を感じることができるでしょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

Meditation (1)

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京都練馬区の当サロンが行うセラピーについて知って頂けるブログを配信しております

フラワーエッセンスセンターロライマは、都会の喧騒から離れ、東京都にありながら落ち着いた空間で皆様のお心を深くまでリラックスさせるセッションをご提供しております。
そんな当サロンでは、セラピーに関することやフラワーエッセンスについてより知識を深めていただけるブログを配信しております。セラピストが書き綴るブログは、誰にでもわかりやすくあらゆる女性のお悩みに着目した内容を掲載しております。
フラワーエッセンスセンターロライマがご用意している各種セッションの詳しい詳細やフラワーエッセンスの魅力についても書いておりますので、是非ご覧いただければ幸いです。東京都エリアでお仕事や育児に追われ忙しい日々を過ごしている方に、安らぎと癒しをご提供いたします。