本文へスキップ

ブログ

2020/01/22

発売禁止にまで至った、人々を破滅に導いたものとは

こんにちは。渡邉利咲です。

 

かつて悪魔の酒と呼ばれ、かの有名なゴッホ、ゴーギャン、モネ、ロートレックも悪魔の酒につかれ、ついに製造・販売が中止されたというお酒、アブサンがあります。

 

アブサンには、アニス、ウイキョウ、ニガヨモギなどハーブが入っています。

 

さて、悪魔のお酒と呼ばれていたのは、その中毒性のためでした。

 

アブサンの原料であるニガヨモギは薬草として人々の健康に役に立ち、葉や頂花の浸出液は消化器官、肝臓、胆嚢、血液の強壮を促し、熱を下げ、炎症を鎮めてくれます。

 

また、庭に植えてあげると、何種類かの害虫を予防し、防虫効果を発揮してくれるでしょう。

 

しかし、ニガヨモギにに含まれているツヨンは神経毒性があり、大量に摂取すると幻覚や錯乱、不安感、めまいを起こすと言われています。

 

アブサンを継続的に摂取しつづけると、中毒症状を起こし幻覚が見えたりするのですね。

 

アルベール・メニャンが描いた「緑色のミューズ」は、アブサンの魔力をわかりやすく私たちに伝えてくれているのではないでしょうか。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

ニガヨモギの英名はワームウッド。

 

さて、フラワーエッセンスにも上記のニガヨモギと種類は違いますが、ワームウッドのエッセンスがあります。

 

未解決の怒り、赦せないという気持ち、恨みを手放し、自分や他人を赦せるように促してくれます。

 

一部の人は未解決の怒りや恨みがあったり、自分や人を許せないという気持ちを抱えていると、お酒によって自分自身をマヒさせて、これ以上、痛みや苦しみに押しつぶされないように自分を守ろうとします。

 

これが良い効果を発揮するかはわかりませんが、未解決の問題はずっとそこにあり、自分に正直に向き合うまでは雪だるま式に問題の層は膨れ上がり、過去の苦しみに憑りつかれたかのようになっていきます。

 

これがまるでアブサンの中毒症状のようです。

 

一方で、フラワーエッセンスのワームウッドは、自分自身のなかで許されていない領域を手放し、自由になっていきます。

 

癒しというのは、自分で自分自身を許すことのような気がします。

 

たとえ他人を赦すとしても、「他者を許すことを自分が許可していく」ことで、長年、背負っていた荷物はおろされて軽くなっていくことでしょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

フラワーエッセンスお茶会

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/01/19

フラワーエッセンスには様々な種類があります。

こんにちは。渡邉利咲です。

 

フラワーエッセンスのお茶会では、お茶やお茶菓子をいただきながらサロンにある300種類以上のエッセンスをお試しいただけます。

エッセンスには、

 

花のバイブレーションを転写したフラワーエッセンス、

 

動物のエネルギーが入ったアニマルエッセンス、

 

イルカやクジラ、イソギンチャク、ウニなどの海洋生物のエッセンス、

 

キノコのエッセンス

 

優しく見守ってくれているかのような天使のエッセンス

 

高く、深いレベルからパワフルに変容を促してくれるクロップサークルエッセンス

 

美しい宝石たちが放つバイブレーションを水に転写したジェムエッセンスなど、

 

様々なエッセンスがあり、それぞれに異なる層で私たちを勇気づけ、本来の自分に戻してくれます。

 

普段はセッションで使用しないエッセンスも、お茶会でご紹介しようと思います♪

 

 

【サロンメニュー】

 

 

また、エドワード・バッチ博士が開発した38種類のエッセンスと38種類の中からチョイスして緊急用に作られたエッセンスもあります。

 

様々なブランドから出されているこのエッセンスは、ブランドによって違うと感じるかもしれません。

 

異なるブランドのバッチ博士のフラワーレメディのエッセンスを比べてみると、よりフラワーエッセンスについての理解が深まるかもしれません。

 

また、フラワーエッセンスの花カードもありますので、カードをつかってご自分に合うエッセンスを探してみても楽しいと思います♪

 

もし、ボトルをお持ちでしたら、お持ちいただければお好きなエッセンスを入れてお持ち帰りできます。

 

ボトルはサロンでも販売しておりますので、ご自分でお好きなのを選んでみてくださいね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

フラワーエッセンスお茶会

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/01/17

集団ヒステリー、グループの思考に影響を受けやすい人

こんにちは。渡邉利咲です。

 

ムラサキのまん丸い花は春になると一面に野原を覆っていきます。

 

この愛らしいマメ科の植物はレッドクローバーと呼ばれ、摘んでティーにしたり、花からは甘い蜜がとれ、四つ葉のクローバーは十字架の象徴であり、幸運のお守りとして縁起が良いとされてきました。

 

また、クローバーの三つ葉は処女、子供を生む女性、老女の三人の女神を象徴しております。

 

ハーブ療法としてのレッドクローバーは、抗炎症を浄化するため、肌トラブルや関節炎に用います。

 

また、βシトステロールという成分が癌腫瘍の成長を抑制し、特に、乳がんや卵巣がんによいとされています。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

フラワーエッセンスとしてのレッドクローバーは、他者から感染したような否定的な思考を洗い流してくれます。

 

人の言うことに影響されやすい人や、テレビで流れている否定的なニュースなどにに影響されやすい人によいでしょう。

 

レッドクローバーのネガティブな状態は、集団ヒステリーや自然災害によるパニックや混乱、経済危機による混乱などにみられます。

 

 

感情や思考は、まわりに伝播していきます。

 

例えば、映画、卒業式、講演会などで泣けるシーンがあったとき、何人かの人が涙を流し始めると、いつもなら泣くことはないはずなのに、このときばかりは涙腺が緩むという経験はあるでしょう。

 

集団的な感情や思考はとくに強力に私たちを揺さぶるのです。

 

こうして周りの感情や思考に同調し、自分の気持ちと周りの気持ちの区別がつきにくくなることがあるかもしれません。

 

レッドクローバーのエッセンスは周りで何が起ころうとも影響されることなく、みずからの内側に明瞭さをもたらし、自己認識を高めてくれます。

 

まわりで混乱が起きていようと自分のなかに冷静さを保ちつつ、次にどのようなアクションをとるべきかが明確になってくるかもしれません。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

フラワーエッセンスお茶会

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/01/14

愛する人との死別により、絆が断ち切られたかのように感じるとき

こんにちは。渡邉利咲です。

 

人が愛する人を亡くすとき、悲しみに打ちひしがれることがあります。

 

もしかすると、死は肉体の死だけでなく、亡くなった人自身の終わりを感じさせるもののように思うのかもしれませんし、愛する人との絆が断ち切られたかのように感じるからかもしれません。

 

フラワーエッセンスとしての勿忘草は愛する人との絆を感じさせるものであり、生前に築いてきた愛情溢れる関係を保ち続けてくれます。

 

悲しみにくれる人々にとって、このエッセンスは重要な選択肢の1つとなるのではないでしょうか。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

勿忘草は青く小さな美しい花を咲かせます。

 

 

葉は細長くて丸みをおびていて、まるでネズミの耳のようです。

 

勿忘草の学名の「Myosotis」はギリシャ語の「mus(ネズミ)」と「otos(耳)」に由来します。

 

ハーブ療法としての勿忘草は、呼吸器系に作用し、炎症性の激しい咳を鎮めたり、結核の治療に用いられてきました。

 

ちなみに、ホメオパシー療法ではしつこい咳、慢性気管支炎などに用いられます。

 

いずれの療法も似たようなテーマの違う層を扱っているのですね。

 

さて、勿忘草のエッセンスは愛する人との死別の他にも、生きている人たちとの繋がりも感じさせてくれることがあります。

 

友人、家族などの現在の人間関係において、いま感じているより深くお互いの関係を理解する助けとなるかもしれません。

 

勿忘草の花言葉は「わたしを忘れないで」

 

愛する人との死別や、生きている人々との繋がりが感じられないのは、お互いの間にある高次の架け橋に気づいていないからなのかもしれません。

 

 

まるで忘れられてしまったかのような思いは哀しみとなり、水の要素に問題を抱えることとなりますが、ほんとうに忘れているのは相手のほうではなく、自分自身が相手との間にある高次のつながりを忘れているからではないでしょうか。

 

勿忘草のエッセンスはそんな気持ちにより深いレベルでの理解を促してくれるかもしれません。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

フラワーエッセンスお茶会

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/01/06

女性が本来持っている能力を高める

こんにちは。渡邉利咲です。

 

子供が「ザクロを食べたい」と言っていたので、スーパーなどに行くたびにザクロがないか見ていました。

 

そして、先日、スーパーでザクロを見つけてさっそく買いました。

 

 

真っ赤なの甘酸っぱい実を一粒一粒とりながら食べていると口の中にほのかな甘さが広がり、とても美味しい。

 

ザクロはスーパーフードとしても注目されており、主な栄養素としてはビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、葉酸、ビタミンC、カリウム、亜鉛、クエン酸、アントシアニンなどを含んでいます。

 

ザクロには女性ホルモンに似たクメステロールという植物エストロゲンが微量ながら含まれています。

 

植物エストロゲンで有名なものは大豆に含まれるイソフラボンですが、クメステロールはイソフラボンの仲間になります。

 

ザクロには抗酸化作用、ガンの予防、むくみ解消、高血圧予防や動脈硬化の予防など、様々な恩恵があり、ザクロジュースを飲んで記憶力テストをした結果、テストの成績がアップしたという報告もあります。

 

試験前にザクロを摂るといいかもしれないですね♪

 

 

【サロンメニュー】

 

 

さて、そんなザクロですが、フラワーエッセンスにもザクロのエッセンスがあります。

 

 

ザクロのエッセンスは母親であることや、家庭と仕事のバランス、出産や創造力にかかわることについて、深いところに隠されていた感情的な欲求を明らかにし、しがらみから自由にしていきます。

 

これらは丹田にある生殖能力を司る第二チャクラにかかわりがあるのですが、ザクロのエッセンスのエネルギーが奥深くまで浸透し、優しく包み込み、調和してくれます。

 

ザクロの花びらは優しく包み込むような柔らかさがあり、蕾は丸みを帯びています。

 

 

ザクロの果実はかたい皮はまるで女性の子宮のよう。

 

 

開裂した果実からは、こぼれ落ちんばかりに真っ赤なみずみずしい種を宿しているのは、受胎能力の象徴のようにもみえます。

 

ザクロは古くから豊穣と実りのシンボルとされてきました。

 

ザクロのエッセンスは女性的な優雅さと美しさを育み、女性が本来持っている能力を高めてくれるでしょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

フラワーエッセンスお茶会

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/12/17

何か恐ろしいことをしそうな衝動に駆られたときに良いエッセンス

こんにちは。渡邉利咲です。

 

今日、ご紹介するエッセンスはチェリープラムです。

 

チェリープラムの学名はPrunus cerasifera

 

 

【サロンメニュー】

 

 

バッチフラワーレメディをつくったエドワード・バッチ博士なのですが、あるとき、彼は自分の仕事の責任の重圧に押しつぶされそうになったり、おかしくなってしまうのではないかという恐れなどに苛まれていました。

 

その上に、副鼻腔の痛みや頭痛にも悩まされていました。

 

あるとき、バッチ博士が道を歩いているときに見つけたチェリープラムのは花でエッセンスを作って摂取すると、痛みはひいてバランスを取り戻したといいます。

 

チェリープラムは正気を失いそうな精神状態、例えば、自分がとても酷いことをしてしまうのではないかという不安、自分自身をコントロールできないという感覚、衝動的に何かをしそうな感覚のときによいでしょう。

 

自分自身をコントロールし、自分のなかにある負の感情を抑え込もうとするのは、自分と闘うことと同じことです。

 

これらは直接闘って打ち負かせるものではなく、内側にある正しさ、善を高めることで中立になっていきます。

 

「悪」の対義語が「善」、「戦」の対義語が「和」であるように、闇は闇によって消すことはできず、戦を戦によって和に導くことはおおよそ難しいことだと思います。

 

光によって暗闇に明るさが取り戻されるのです。

 

チェリープラムのエッセンスを摂ると、落ち着き、平静を取り戻し、安心感がでてくるでしょう。

 

気持ちが落ち着いていきますので、それまでに自分のなかにいた闇の衝動がやわらぎ、不安から解放されていきます。

 

本来の自然な状態へともどっていくにつれて、「人を傷つける」という行為を私たちのなかから取り除いてくれるように感じます。

 

慈しみの気持ちが生まれ、私たちの内面を和の状態へと導いてくれるでしょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

フラワーエッセンスお茶会

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京都練馬区の当サロンが行うセラピーについて知って頂けるブログを配信しております

フラワーエッセンスセンターロライマは、都会の喧騒から離れ、東京都にありながら落ち着いた空間で皆様のお心を深くまでリラックスさせるセッションをご提供しております。
そんな当サロンでは、セラピーに関することやフラワーエッセンスについてより知識を深めていただけるブログを配信しております。セラピストが書き綴るブログは、誰にでもわかりやすくあらゆる女性のお悩みに着目した内容を掲載しております。
フラワーエッセンスセンターロライマがご用意している各種セッションの詳しい詳細やフラワーエッセンスの魅力についても書いておりますので、是非ご覧いただければ幸いです。東京都エリアでお仕事や育児に追われ忙しい日々を過ごしている方に、安らぎと癒しをご提供いたします。