本文へスキップ

ブログ

2019/06/05

「付き合う人を選択したほうがいいのですか?」という質問に関しての私の答え

こんにちは。 渡邉利咲です。

 

若い頃、私は犯罪心理学に興味を持ったことがありました。

 

「なぜ人は他者を傷つけることができるのだろう。」

 

「なぜそんなひどいことを平然と行えるのだろう。」

 

当時の私は、ロンブローゾの説を知りたいという気持ちもありました。

 

チェーザレ・ロンブローゾは犯罪学の父と言われた人物であり、彼は犯罪に影響を及ぼす遺伝的要素を指摘した人物で有名であります。

 

犯罪を犯す人たちはきっと特別な何かがあるのだと、私は当時、思っていました。

 

きっと私は高慢にも「私は彼らとは違う」と思い、ある意味、幻想的な優越感に浸りたかったのかもしれません。

 

 

裁判所に通ったり、実際に犯罪歴のある人に話を聞いたり、被害者の方のお話を聞いたりすることをしていた時期がありました。

 

はじめて傍聴席で話を聞いたとき、私は「どんな悪人が出てくるのだろう」と思っていました。

 

人々を苦しめることが好きで、「すみません」と言っていても反省の色がない人が出てくるのだろうと思っていたのです。

 

すると、出廷した被告人を見て「なんて小さい背中なんだ」と感じたのを覚えています。

 

私は幼少期からクレアセンテンス(情報を全身で感じる能力)に長けていますが、このときも、彼の幼少期からの情報を全身で感じて悲しくなりました。

 

彼は、愛される経験が圧倒的に少なかった。

 

「あなたのままでいいんだよ。」とありのままを認め、無条件に愛される経験が少なく、愛に飢えているようにも見えました。

 

裁判を見たあと、私は裁判所の長い廊下をとぼとぼ歩いていました。

 

そのとき、向こうから歩いてくる数人の若者が談笑しながら歩いてきました。

 

ピンク、ブルーなど、カラフルな髪の色に、鼻ピアス、耳ピアスがキラキラ光り、カラフルな洋服、女性はスカートが太もものあたりでスレスレで、下着が見えそう。

 

重々しい建物の雰囲気とのコントラストに目を引きました。

 

「次は何をみる?」

 

「殺人なんて面白そうじゃね?」

 

なんて、まるで映画館で「どの映画を観ようか?」と相談しているような軽さがあり、私は静かに怒りがこみあげてくるのを感じました。

 

 

あるとき、私は犯罪歴のある人にインタビューをする機会がありました。

 

幼少期の生活から現在に至るまでを事細かに聞いたとき、途中から胸が苦しくなったのを覚えています。

 

よくテレビのニュースでいじめられっ子が自殺したケースや、いじめられっ子が同級生から殺されたニュースがありますね。

 

その方は、それと同じような酷い目に遭っていました。

 

ほんとうに尋常じゃなく、なぜこんなことに?と思えるくらいです。

 

また、別のケースでは、「選択肢がなかった」というのもありました。

 

犯罪を犯す選択肢しかなかった、ということです。

 

これに関して書くととても長くなるので、ここでは詳しく話しません。

 

 

引き寄せブーム、スピリチュアルブームがあり、「豊かな人と一緒にいましょう」などの言葉をよく耳にします。

 

私も、この手のことで意見を聞かれることは多いのですが、私の意見としては「どちらとも言えません」です。

 

人のエネルギーは干渉し合っておりますので、精神性の高い人の傍にいるならば、私たちのエネルギーフィールドに良い影響を及ぼすでしょう。

 

確かに、「自分にとっては」良いでしょう。

 

でも、あなたが人を選び、「この人はOK」「この人はNG」とやっていると同時に、自分自身が選択されていることも忘れてはいけません。

 

「あなたは私より波動が高いからOK」「あなたは波動が低いわね」なんて心の中で思われていたら嫌ですよね。

 

 

さて、私たちには学びのステップがあります。

 

まず最初の成長段階で学ぶことは奉仕です。

 

最初の段階で学ぶことは、時間に追われ、誰かのために尽くしていくような初歩的な奉仕です。

 

ここで、私たちが学ぶことは奴隷にならないようにすること。

 

時間の奴隷、人々の奴隷にならずに、上手くやり繰りしていくことです。

 

そして、様々な段階を経て、最終的にたどり着くのも奉仕の道です。

 

この段階の奉仕は、すべての人の幸福を考え、何が人々にとって良いのかを考えて行動する全体への奉仕。

 

コミュニティの長、長老などが担う役割ですね。

 

全体への奉仕は、平等に愛すること、慈しみ、そして時には全体のために厳しい決断も必要になるでしょう。

 

長老が「あなたは波動が高いから付き合う」「あなたは精神性が低いからお付き合いしない」と、考えるでしょうか?

 

なんだか違う気がしますよね。

 

 

ですから、先ほど話に戻りますが、付き合う人を選択することについて、私はYESでもNOでもありません。

 

悪意があって傷つけてくるのであれば、距離をとって自分を守ることは大切ですし、実際にそのような学びも私たちにはあります。

 

疲労感が半端なく、とても辛いのであれば、それもまた距離をとることが望ましいかもしれませんが、自分が感じる疲労感を人のせいにしてはいけません。

 

自分のエネルギーフィールドをしっかりとさせ、他者が自分からエネルギー奪おうとするなら(例えば、依存、嫉妬、優越感、愚痴)などがあれば、自分が最善だと思う方法をとることも大切です。

 

何より忘れていけないのは、どの人も「嫌いにならない」ということです。

 

「好きになりなさい」とまでは言いません。

 

それは「嫌いにならない」を実践できた後の話ですから。

 

嫌いだと思って別れるのであれば、別れた後でもいいので、「嫌い」という気持ちが中立になるまでクリアリングすることが望ましいと思っています。

 

怒り、トラウマ、悲しみ、嫉妬、心配、不安、期待、情、優越感など、その人に向けられたあらゆる感情、思考を中立に保つとき、ほんとうの学びが見えてくるのかもしれません。

 

私がなぜこの犯罪の話をしたのかというと、人には、善人、悪人という違いはありません。

 

どんなに波動が高くても、サイキック能力があっても、愛を忘れてはいけません。

 

もし「幸せな世界になったらいいな」「平和な地球になったらいいな」と思うなら、私たちは隣人に対して、どのように考え、接していけばいいのでしょうか。

 

それを考えてみるのも、いいかもしれません。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

【サロンメニュー】

 


 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/06/02

新しいレイヤーへと上昇していく

こんにちは。渡邉利咲です。

 

もし、私たちが日常生活の動作だけで過ごしていると、肉体は同じ筋肉ばかりを使ってしまい、野球やバスケットボールなどのスポーツをしても上手くコントロールすることはできないでしょう。

 

もし、私たちが生まれてはじめてピアノを弾くとき、指が思うように動かないので、練習が必要になってくるでしょう。

 

感情や思考の働きもこれと同じで、人は似たような場面で、似たような反応をします。

 

 

これが習慣やパターンと言われるものですが、このパターンは生れたときから今までのどこかで刷り込まれてきたものであったりします。

 

例えば、トラウマによって人とのコミュニケーションが円滑にならなくなったり、人前で話すのが得意ではなかったりする場合、これがパターンとして組み込まれてしまい、解放されるまでに永遠と同じパターンを繰り返すことになります。

 

これらを解放して新しいパターンを作りやすくするのがクリアリングです。

 

パターンにはそれをつくる原因となるものあると思いますが、何度も同じ失敗を繰り返すことで、まるで落ち葉が折り重なるように、パターンが固定化されていきます。

 

これを1つ1つ解放していくことで、絡まった糸が少しずつ解きほぐされていくように、パターンが少しずつ変化していきます。

 

そして、ある程度クリアリングをおこなったあとに、周波数や波動を高め視野を広げることで、新しいレイヤーへと移動していきます。

 

新しいレイヤーに移動すると、新しい時間・空間の観念、ものの見方、人間関係などあらゆることが少しずつ変化していきます。

 

クリスタルボディ・システムは、新しいレイヤーへと一気に上昇することを可能にしてくれます。

 

古いパターンを解放しやすくなり、気づき、受け入れ、変化させることも容易になっていくように感じます。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/05/31

ありのままを受け入れるということ

こんにちは。渡邉利咲です。

 

今日はアバンダンスプログラムシェア会でした。

 

今回のアバンダンスプログラムは2種類あり、1つが通常のアバンダンスプログラム、そしてもう一つはさらに視野を広げたアバンダンスプログラム。

 

両方ともエクササイズの内容は同じなのですが、個人的視野か、より世界を広げた視点から「私はこうしたい」という目標を立てるかの違いがあります。

 

 

個人的な豊かさのブロックをとることも大切だと思いますが、個人からグループへ、グループから世界へと、外側との自分自身との関係の滞りを解放していくことは、ひいては自分だけではなく全体の豊かさの循環を促進するためによいと思います。

 

今日のシェア会では興味深いことがありました。

 

エクササイズでは瞑想のなかでメッセージをいただくものがありますが、同じ日にみんなが同じメッセージをもらっていたのです。

 

「面白いね」なんて話しをしていました。

 

そして、これも共通しているなと感じたことですが、視野が広がったというか、考えが変化したこともありました。

 

深いところにあるものが解放され、新しい考え、新しいパターンを受け入れる準備ができたのだと思います。

 

みんなでシンクロしたことが嬉しく思いました。

 

そして、今日、お話していたことがあったのですが、ブログにも書かせていただきますね。

 

私は、スピリチュアルというと霊的進化を促進することだと思っていて、とっても簡単に言うと「良い人になること」だと思っています。

 

例えば、スピリチュアルな道を歩むときに大切なことは、それぞれのペースを尊重すること

 

インナーチャイルドの癒しをすることにより、自分自身だけではなく、環境もどんどんポジティブに変化していくでしょう。

 

すると、歩みが遅い者に対して、はやく引き上げたいと思うようになるかもしれません。

 

それが相手のためになると信じていたり、不幸な状況をどうにかしてあげたいという優しさからきているのだと思います。

 

でも、学びは自分でやるものです。

 

私たちは、相手の学びをとることをしてはいけない。

 

だからといって、傍観者になるわけでもなく、必要に応じて手を差し伸べられるようにしていればよいのだと思っています。

 

インナーチャイルドの癒し、クリアリング、より成長させるためのワークなど、それらをやろうと決心するのは、今のご自分の状態に気づいたときです。

 

「気づく」ということは、自分自身を「受け入れる」ということ。

 

ですから、あなたが愛する人を「助けたい」とか「引き上げたい」と切に願うとき、それは「いまの愛する人の状態を受け入れられない」という気持ちをどこかで持っているから。

 

誰でも愛して欲しいですし、受け入れてもらいたいものです。

 

自分自身を受け入れてくれない、愛しない人に、どうしたら心を開けるのでしょう。

 

まずは相手をありのまま受け入れ、愛していくことが、相手の癒しと成長への第一歩となると思っています。

 

あなたが愛する人を受け入れると、相手も自分自身を受け入れやすくなります。

 

これは、相手の行動や態度を肯定したり、賛成するという意味ではありません。

 

ただ、ありのままを善悪の気持ちもなく、ジャッジもせずにいるのです。

 

もちろん、「助けたい」「手を差し伸べたい」というお気持ちに善悪はありません。

 

何も言わずに相手の話を聞くだけでいいのか、というとそうでもありません。

 

必要なことは言いますし、アドバイスもすることはありますが、その根本に「相手をありのままを受け入れている」ことや「変えようとしないこと」があるのは大切だと思います。

 

必要な情報を与え、あとは相手の方の選択に委ねるのです。

 

もし、相手の方にとって必要な情報であるならば、もしかしたら、後々、それを思い出すときがくるかもしれません。

 

私たちが受け取る情報はすべて記憶されています。

 

あなたが与えた情報が相手にとって必要だという時がきたら、自動的にその情報が引き出されるのです。

 

それは1か月後かもしれませんし、10年後かもしれませんし、残念ながら一生思い出すことはないかもしれません。

 

それでいいのです。

 

「手を差し伸べたい」「助けたい」というお気持ちはそのままお持ちになってもいいと思っています。

 

それは大切なものですし、相手の痛みを理解したり、共感するとき、そういう気持ちが出てくるのは自然なことです。

 

ただ、「手を差し伸べたい」という感情と思考に振り回されることなく、できるだけ感情や思考の手綱は自分で握っていることだと思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/05/12

人のエネルギーは互いに干渉し合っている

 

こんにちは。渡邉利咲です。

 

以前、あるセミナーへ出席したとき、ランチをしに外に出かけ、ご飯を食べたあとにセミナールームへ戻ってきました。

 

昼食後に教師の方とお話していると、体がピリピリしてきて、自分のエネルギーレベルが自然と上がり、センタリングされていくことに気づきました。

 

私たちは肉体だけの存在ではなく、エネルギーレベルで干渉し合っています。

 

自分自身がしっかりとセンタリングしていることで、少しずつですが、周囲もセンタリングしていきます。

 

人の心が批判や主観的なものの見方で世の中を見ることなく、純粋な状態でしたら、それを言葉にしなくても、ただ在るだけでそれが波のように周囲に広がっていきます。

 

フラワーエッセンスはしっかりとセンタリングをするサポートをしれくれます。

 

何か起きても、反応するのではなく、対応するようになっていくのですね。

 

要するに、何かの刺激による反射的な態度ではなく、状況や相手の出方に応じた態度をするようになりますので、冷静に適切な判断がくだせるようになるでしょう。

 

さらにしっかりとしたセンタリングをするのでしたら、クリスタルボディ・システムがおススメです。

 

20190510_211420

 

冷静に状況を見て、感じるようになります。

 

よりしっかりと強固にセンタリングしていくには、自分自身の状況や周囲の状況をより冷静に感知することも必要です。

 

すると、自分自身がどのような状態にあるのか、さらに深いレベルで気づくようになります。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
住所:東京都練馬区関町北5丁目
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/04/20

身近な薬草の使い方

こんにちは。渡邉利咲です。

 

今日は友人と山に薬草を摂りに行ってきました♪

 

 

桜が満開♪

 

この桜の花、とっても小さくて驚きました。

 

可愛らしかったです♪

 

こちらはニリンソウ。

 

 

これも食べられますが、キンポウゲ科=毒という思考回路が邪魔して、食べたいと思えない。

 

淡泊な味で美味しいらしいです。

 

今日はスギナ、ヨモギ、ドクダミを摂りました。

 

↑ 薬草を採取中。

 

スギナは癌、腎臓炎、肝臓、リウマチなどに良いと言われています。

 

我が家では日干ししたスギナを煎じて飲んだり、スギナを35度以上のアルコール(焼酎等)に漬けたりします。

 

 

ドクダミは基本的にはお茶にしています。

 

体の害になるものを流し出すために、肌がキレイになって美容に良いと言われています。

 

蓄膿症にはドクダミの葉を揉んで鼻に入れると良いと言われています。

 

方法は簡単で、ドクダミの葉を軽く揉んで鼻に入れて、しばらく待ちます。

 

10分~15分くらい経ったら葉っぱを鼻から出します。

 

有難いことに蓄膿症になったことがないので、試したことはないのですが、あの匂い・・・。

 

やるのに勇気がいりますが、昔からこの方法は有名ですね。

 

そして、最後にヨモギ。

 

我が家では、昔からヨモギを袋一杯に摂って、水洗いし、2日間煮込んで薬を作っていました。

 

2日間も煮込むと、どろどろの水あめ状態になるのですが、これを1日ティースプーン4分の1杯くらい食べます。

 

肝臓の疲れ、炎症、癌のときに使用していました。

 

↑ このようにドロドロの水あめ状になります。

 

苦くてマズイのでオブラートに包むと良いですが、このマズさが癖になってきます。

 

蚊に刺されたら、ヨモギの生葉を揉んで患部につけると、蚊に刺されて腫れたところが、1~2時間もすると綺麗に消えます。

 

これらの薬草採取と使用は、合わない方もいらっしゃると思いますし、我が家でやってきた療法なので、医師にご相談されてくださいね。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/04/16

自殺をしたいと思っている人へ

 

こんにちは。渡邉利咲です。

 

今日はちょっとだけ真剣なお話。

 

ですから、ご興味がない方や自分のことではないと思われる方はスルーしてくださいね♪

 

 

私はここに引っ越してきて10年以上になりますが、この10年間で近所であった自殺のお話や身近な人の知り合いが自殺したという話を何件も聞きました。

 

実際に警察庁の情報や厚生労働省がまとめた報告などを読んでいても、多いなと思います。

 

そして、5月病と呼ばれている5月が一番自殺者が多い。

 

私は、セラピストとしてセラピーをしていて、時々ですが、自殺者のご家族のケアをさせていただくことがあります。

 

まだ若くして自殺や事故でお子さんを亡くしたお母さまの悲しみはとても深いものです。

 

「あのとき、無理やり学校に行かせていなければ。」

 

「あのとき、黙って話を聞いてあげれば」

 

「あのとき、気づいてあげられたら」

 

いろいろな「あのとき」があふれ出てきて、自分を限界まで追い詰めようとすることも少なくありません。

 

フラワーエッセンスでいうと、パインの状態です。

 

パインは罪悪感、自分を責める気持ち、申し訳ないという気持ちをやわらげてくれます。

 

でも、親御さんからパインのエッセンスを拒否されることはしばしばあります。

 

罪悪感、ご自分を責めることで、お子さんとの繋がりを保っているのかもしれません。

 

ダメな母親だとご自分を責めることで、お子様の、愛する子供の痛みをわかろうとしているのかもしれません。

 

拝見していると、それは唯一の亡くなったお子様との絆のようにもみえます。

 

罪悪感がなくなると、子供を忘れてしまうようで、子供がほんとうに遠くへ行ってしまうように思われるのかもしれません。

 

もちろん、皆さんがそれぞれ違う感じ方、考え方なので、ハッキリと申し上げることはできませんが。

 

亡くなったお子さんの話が他人にできるようになるのは、人によってはすごいことなんです。

 

苦しい胸の内を話すことは、想像以上にパワーを使い、話し終えたあとは立っていられないくらいにフラフラになることも少なくありません。

 

それだけ解放が起きるので、疲れるのです。

 

 

1人の自殺は、その他大勢の人生を変えてしまいます。

 

ある自殺した生徒の担任教師は、罪悪感に苛まれ、学校を辞めてしまいました。

 

そして、「人は何のために生きるのか」を見つけるために牧師に転身しました。

 

子供の後を追って自殺した親御さんもいました。

 

でもね、私は自殺はダメだとか、死にたいと思っている人を咎めるつもりはありません。

 

冷たく突き放すつもりで申し上げているのではなく、お人の全てを受容して申し上げているので、自殺に賛成なわけでもありません。

 

ただ、本当に、心から決心するなら、求めるなら、幸せになれる道があります。

 

その1つがフラワーエッセンスです。

 

ヒーリングは、自分自身を導管としてエネルギーを流すので、日々の鍛錬、徹底した自己浄化、生活習慣をきちんとしなければなりません。

 

それに、精神的に参っているときにヒーリングをする気力など起きるはずもありません。

 

でも、フラワーエッセンスはすでにエネルギーがボトルに入ったものなので、いつでも、どこでも、どんなときでも使うことができますし、エネルギーは安定しています。

 

もし、どうしようもなく苦しいなら、信頼できそうな人に助けを求めましょう。

 

胸の内を話すことは弱いことではなく、強さのあらわれ。

 

自分と向き合うのはすごいことなのです。

 

通常は、浮上してきたネガティブな気持ちも、そのまま向き合うことはなく奥に引っ込めてしまいます。

 

その感情は解き放たれることはなく、奥に渦巻いているだけなのです。

 

そして、それが溜まりに溜まった思いは、人を遠ざけ、批判し、疑いを持つようになります。

 

それらを解き放っていくと、その奥にあるのは心の安定と中立な気持ち。

 

人が持っているネガティブな気持ち、トラウマなどは、人を成長させる側面を持っていたのだと理解するようになります。

 

そして、これは今は信じたくなければ、信じなくてもいいのですが、どんどんクリアになっていくにつれて、今まで持っていたトラウマにさえ感謝する日がやってきます。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京都練馬区の当サロンが行うセラピーについて知って頂けるブログを配信しております

フラワーエッセンスセンターロライマは、都会の喧騒から離れ、東京都にありながら落ち着いた空間で皆様のお心を深くまでリラックスさせるセッションをご提供しております。
そんな当サロンでは、セラピーに関することやフラワーエッセンスについてより知識を深めていただけるブログを配信しております。セラピストが書き綴るブログは、誰にでもわかりやすくあらゆる女性のお悩みに着目した内容を掲載しております。
フラワーエッセンスセンターロライマがご用意している各種セッションの詳しい詳細やフラワーエッセンスの魅力についても書いておりますので、是非ご覧いただければ幸いです。東京都エリアでお仕事や育児に追われ忙しい日々を過ごしている方に、安らぎと癒しをご提供いたします。