本文へスキップ

ブログ

2017/02/21

奉仕とは

人に与える、奉仕するということは、

自分自身が贈り物になることだと感じます。

与え過ぎず、与えなさすぎないもので、

相手をより高めるものであり、

相手に力を与えるものがいいと思うのです。

 

もし、こちらが寄り添って、手を差し伸べたいと思っていても、

相手は放っておいてほしいと思うこともあるでしょう。

そのようなときは、そっとしてあげるのが、

最大の「奉仕」なのです。

 

相手が何かをして欲しがっていても、

それが依存や、相手の力を弱めるものであるならば、

そっと見守ることも大切かもしれません。

依存は、相手の力を弱めます。

相手から力を奪うのは、

奉仕ではないと思うのです。

 

 

そして、相手に何かをしてあげたいと思って、

相手の意に反して

自分なりの「正しい」解決策を押し付けることがないように、

相手が、現在、行っていることは、

たとえ自分が「間違っている」と思っていても、

相手にしてみると「正しい」行動を取っているのだということも、

心にとめておくようにします。

 

そして、「自分のほうが正しい」とか「相手に変わってほしい」と思うならば、

まず自分の内側の世界を変えることです。

内側の世界を変えることにより、

ありのままの現実を認めることができるようになります。

 

IMG_20161205_210601984.jpg

 

内なる強さを育み、

ときには相手のために断る勇気を持ち、

見守り、

手を差し伸べ、

見返りを求めず、

提案をしてそっと手放す。

 

奉仕は、最終的には相手の意思にゆだねること。

癒しも、人生の歩みも、

本人が「こうする」と決断して、前に進むもので、

どんなに望んでも、相手に考えを変えてほしくても、

最終的に変えられるのは、私たちの内側の世界だけなのです。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
住所:東京都練馬区関町北5丁目
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇