本文へスキップ

ブログ

2021/05/11

クジラの歌

こんにちは。渡邉利咲です。

 

昔、よく一人で海に行って、

魚と一緒に泳いでいました。

 

海のなかは別の世界が広がっていて

美しい砂浜や水のなかで泳ぐ魚たちを

飽きることなく見ていました。

 

20代の頃、悩んだとき、辛いなと感じた時は

海でぷかぷかと浮かんでいました。

 

海の抱擁で癒されていき、

一人じゃないことを深く感じたこともあります。

 

 

水の音やそよ風のマントラに耳を澄ませることは

魂の滋養になるような気がしています。

 

都会では人工的に発する音に

自然の音はかき消されているように感じます。

 

木々が通り抜ける風も、

肌に触れる風の色も、

自然界のすべては無くてはならないように感じています。

 

 

触れるものすべてには特有の波動を保持していますが、

自然界の波動に触れることで、

心に調和がもたらされるのかもしれません。

 

海に浮かんでいると、

水は心地よく体を包んでくれる感じがあります。

 

人間は水を汚染しているにも関わらず

とても優しく温かく包んでくれる。

 

水に住む生物たちが海の調和を

保っているのだろうなと思いました。

 

例えば、シロナガスクジラの歌は

半径200キロメートルまで到達しますし、

ザトウクジラの歌は60キロ先まで届きます。

 

 

水のなかは空気よりも4倍の速さで

クジラの歌が遠くまで響き渡るのですね。

 

水はこれらの音も記憶していくのですが、

私にはクジラやイルカの歌は、

水の調和を保っているように感じられます。

 

ザトウクジラにもエッセンスがあり、

素早くハートを開き、五次元へと導きます。

 

五次元は時間も空間もなく、

すべてがここにあり

包括されているような不思議な感覚です。

 

 

ザトウクジラのエッセンス

社会でつくられた目的ではなく、

自分自身の目的、

真の目的を生きることの大切さを思い出させてくれます。

 

生物たちは生き、存在し、生活していることで

母なる地球への貢献になっていますし、

人類はその恩恵を受けているように思います。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇