本文へスキップ

ブログ

2020/02/24

春のデトックスでエネルギーをととのえる

こんにちは。渡邉利咲です。

 

養生論によると春は毎朝、櫛で頭をとかすようにすると、気と血をたくさん流し(血行が促進され)体に良いとされています。

 

さて、春や甲(きのえ)・乙(きのと)の日には肝が元気になると言われており、肝と同じ木に属しているからと考えられています。

 

中医学でいう肝は気の流れを通して臓腑・器官、そして精神の状態に影響を与えていくのですが、気の流れというのは川の流れのようなイメージではなく、下降・上昇・発散などの意味を持ち合わせており、この気の流れ方を総称して「疏泄(そせつ)」といいます。

 

気の流れが血を流していくと考えるのですが、気の流れの異常は血の流れにも影響していくと考えられています。

 

例えば、疏泄の流れの異常は、精神的なことでいうと悩みや心配が多くなったり、ため息がでたり、疏泄が過剰であると怒りがでやすかったり、穏やかになれずに落ち着かない気持ちになったり、不眠に陥ったりすると考えられています。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

さて、春はデトックスの時期でもあると言われておりますが、エッセンスにも「Detox((デトックス)」というエッセンスがあります。

 

各細胞にはその機能を妨げている古いエネルギーがあるのですが、Detoxのエッセンスはこの古いエネルギーを出すサポートをしてくれます。

 

自分にとって為にならない思考や感情を手放し、エネルギー(気)の流れをスムーズにしてくれるのですね。

 

このエッセンスは特に春に摂るのが良いとのこと。

 

ちょうど今ぐらいの時期が良いのかもしれないですね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇