本文へスキップ

ブログ

2020/01/26

執着から解放されて自由になっていく

こんにちは。渡邉利咲です。

 

執着は私たちに様々なレベルで制限をかけ、痛みや苦しみ、恐れのなかに閉じ込めていきます。

 

執着は、人や物、過去、習慣など執着まで様々なものがあり、これらにしがみついていると物事の本質を見誤り、ほんとうの自分でないものと自分を同一視したり、自分を外側から支えようとしていくでしょう。

 

何かに執着することは不足感を生み出し、不足感は恐れを生みますが、誰か一人が苦しんでいれば、それは地球全体が苦しんでいることと同じで、誰かの心が平和で満ち足りたものであるとき、それもまた全体の一部として共有されていきます。

 

レッティング ゴー オブ ザ パスト ブレンド(POF)のエッセンスは、そのような過去の呪縛から解放され、真の自由をもたらしてくれます。

 

このブレンドには、セージブラッシュ、ダンデライオン、エンジェルズトランペット、ブラックコホッシュのフラワーエッセンスが入っており、これらのエッセンスが解放を後押しし、自由への扉を開いてくれます。

 

セージブラッシュは、ハート、マインド、体をクリアにし、私たちの現実をゆがめる原因である制約や幻想、習慣を取り除いてくれます。

 

オーラフィールドをクリアにし、真実を見ることを妨げるベールを払ってくれます。

 

ダンデライオンはタンポポのフラワーエッセンスですが、積極的すぎたり、何でもやろうとするなど生きることへの執着が強い人に良いエッセンスです。

 

そのような人は、激しい情熱や熱意にかられ自分をプッシュし続けて活動的になりすぎ、体の声を聴くことができなくなっているかもしれません。

 

 

真の平和とは、スピリットに身をゆだねたときに訪れます。

 

すべての執着を手放すことに不安があるのは、自分というものがなくなってしまうのではないかという恐れからきているように思います。

 

何かをしていたり、何かを求めていることで、「自分」というものをつくりあげていけるように思うのですね。

 

しかし、お金も、名誉も、家も、持ち物も、最後にそれは全て失われてしまいます。

 

真の自分になることは、執着を捨てていくということであり、それは避けられない道なのかもしれません。

 

このように人生において避けられない変容を迎えたとき、エンジェルズトランペットが霊的にもっとも高い気づきへと導いてくれるでしょう。

 

 

【サロンメニュー】

 

 

すべては変容していかなくてはなりません。

 

あらゆるものから搾取するのではなく共存をし、

 

さまざまな文化、宗教、習慣、価値観をもつ人々の精神的不完全さのなかで、互いに敵対するのではなく、より良い解決策を見いだし、

 

自分も含めて人や自然などあらゆるものを支配し、コントロールしようとする個人的な意志を手放していくことで、その人のもっとも得意とする分野において全体に奉仕することになっていきます。

 

人類の意識が進化していくなかで、過去の古い生き方は私たちの意識の進化を維持することができなくなってきています。

 

レッティング ゴー オブ ザ パスト ブレンド(POF)のエッセンスは、私たちに絡まった執着から解き放ち、制限や古い習慣、痛み、苦しみから自由にしてくれます。

 

それによって、より実りある未来が開かれるかもしれません。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

フラワーエッセンスお茶会

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇