本文へスキップ

ブログ

2019/10/01

観念と自分

こんにちは。渡邉利咲です。

 

私がはじめてアクセスバーズに出会ったとき、アクセスバーズは「ネガティブな」観念を消去するものだと思っていました。

 

しかし、いざセッションを受けてみると、それは「ネガティブな」ものを取り除くのではなく、観念そのものを消去していることに気づきました。

 

もし、「ネガティブな」観念だけを取り除くのであれば、私はアクセスバーズに興味を持たなかったかもしれません。

 

なぜなら、ネガティブな観念だけではなく、ポジティブな観念からも苦しみを生み出すからです。

 

 

【サロンメニュー】

 

もし、私たちが「自信がない」と思っていたとしましょう。

 

そして何らかのツールをつかって「自信がある」という観念に変化させたとします。

 

それはずっと「自信がある」ままにはならず、時折、すごい人と比べたり、挫折することで「自信がない」に逆戻りすることでしょう。

 

「私は自信がある(ない)」という観念があるからです。

 

ほんとうの自分は、その観念が湧き出る泉のほうにあります。

 

人は、観念が自分自身だと思いますが、それはただ単にスクリーンに映し出されている映画のようなものです。

 

人は映画をもとに、喜劇や悲劇を演じており、その映画は常に変化し続けています。

 

「これは悪い(良い)」「人に助けてもらって私は幸せだ」「あの人は優秀だ」

 

「食事をしよう」「街に買い物に行こう」「私は○○が好きだ」

 

しかし、次々に湧き出てくるものではなく、その源泉に焦点を当てると、そこには平和で穏やかな自分が見えてきます。

 

変化することなく普遍的であること、これが本来の自分自身です。

 

アクセスバーズは、この観念のほうを消去していきます。

 

観念から解放されていくにつれて、頭の中は静かになっていくことでしょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

ご予約はこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇