本文へスキップ

ブログ

2019/05/18

相手を心配しすぎる人へ、心配を信頼に変えるフラワーエッセンス

 

こんにちは。渡邉利咲です。

 

人は誰しも人生のなかでそれぞれに辛い経験を乗り越えてきています。

 

それ故に、他者が辛い状況にいると同情し、愛と共感を持って接しようとすることは美しいことだと感じます。

 

それは、自分自身が何かを乗り越えてきていないと感じることのできない能力であり、これは今生だけではなく、過去生の経験も含まれているのかもしれません。

 

 

人は、他者に対して深い愛と共感を持つとき、相手を触発し、気づきを促し、癒しをもたらすことがあります。

 

日本で起きた災害のとき、私の外国人の友人が「日本人はなんて素晴らしいんだ。」と驚いていました。

 

災害に遭っても互いを思いやり、ボランティアに行った外国人に感謝し、気遣う姿に、災害支援に行った友人のグループは感激したそうです。

 

しかし、もし、他者に対する共感が心配に変わったとき、自分自身のケアを忘れ、他者に対する不安や心配で覆いつくされていくことでしょう。

 

散漫になった意識はエネルギーが分散し、徐々に肉体的にも衰弱していきます。

 

このようなとき、レッドチェストナットは愛する人への心配や不安を信頼へと変化させるサポートとなります。

 

例えば、介護や子育てのときなど、片時も愛する人のことを忘れることができず、「愛する人に何か悪いことが起きるのではないか?」と未来への不安が頭をよぎることがあるかもしれません。

 

レッドチェストナットは、このような心配を調和させ、気持ちを安定させます。

 

私は家族の介護を経験してきていますが、病気で日々衰弱していく両親を見て、心配や不安ばかりが頭をよぎっていたことがありました。

 

レッドチェストナットを摂ると、その心配は数日かけて徐々に消えていき、今の現状を受け入れることができました。

 

それとともに、気持ちが落ち着き、穏やかになり、より心を込めて介護ができるようになっていきました。

 

体力的に限界だと思っていた私の肉体も元気を取り戻していったのです。

 

イジメの問題、介護、不登校、災害、家族が病に倒れて心配しているとき、レッドチェストナットは大変役に立つエッセンスの1つです。

 

レッドチェストナットは、枝先に円すい状に紅色の花を空に向かって咲かせ、横にもよく広がっているので、遠めからでもよくわかり、成長すると高さおよそ20メートル以上にもなります。

 

レッドチェストナットの花言葉は「博愛」、広く平等に人を愛する。

 

実際に、レッドチェストナットのエッセンスをよく必要とする人は、深い愛を持っている方が多く、他者を気遣い、繊細なお心遣いをされている方が多いと感じます。

 

レッドチェストナットの素晴らしく美しい側面を人の中に見る瞬間でもあります。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇