本文へスキップ

ブログ

2019/05/11

父親との確執や見捨てられ感、拒否されている気持ちがある人に

 

こんにちは。渡邉利咲です。

 

今日、ご紹介するエッセンスはベビーブルーアイズ、ネモフィラという名前が日本では一般的ですね。

 

ネモフィラは、ムラサキ科ネモフィラ属。

 

「ネモフィラ」という名前はギリシア語で「森を愛する」というところからきているのですが、林の中の陽の当たる場所に自生しているところからきています。

 

英名はベビーブルーアイズ、「赤ちゃんの青い瞳」という意味。

 

その名の通り、美しく澄んだ青色は、赤ちゃんの純粋な瞳のようです。

 

 

フラワーエッセンスのベビーブルーアイズ(POF)は、子供の頃のような無邪気さや純粋さ、信じる気持ち、支えられているという感覚を再び呼び起こしてくれます。

 

父親との確執や見捨てられ感、拒否されたトラウマ、性的虐待などによいでしょう。

 

幼少期の両親との関係は良くも悪くも、その後の人生に大きな影響を及ぼします。

 

ベビーブルーアイズは、父親との関係性を癒すことによって、社会との関係を変化させていくきっかけになるかもしれません。

 

父との関係の癒しというと、実際の父親との関係が改善したり、良い関係になると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際は、内なる父親、父性に対して働きかけ、トラウマなどを癒していきます。

 

それによって、もしかしたら、現実的なお父さまとの関係が改善されるかもしれませんし、そうではないかもしれませんが、これには個人差があります。

 

ベビーブルーアイズの花言葉は「あなたを赦します」「愛国心」「可憐」など様々です。

 

 

ベビーブルーアイズの可憐なお花とは裏腹に、地面に這うようにして繁殖し、道端やアスファルトの間、多少の日陰でもぐんぐん育っていく強さがあります。

 

この植物の強い生命力のように、人が純粋な内なる父性に繋がるとき、ほんとうの強さが出てくるのだと思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇