本文へスキップ

ブログ

2019/05/03

偏ったものの見方を手放していく

 

こんにちは。渡邉利咲です。

 

アバンダンスプログラムは人の必要がなくなった信念を手放してくれます。

 

自分が持っている不必要な信念、偏見は、あまりに当たり前すぎて全く気づかないこともあるかもしれません。

 

偏見とは、「偏ったものの見方」のこと。

 

「○○が良い」と喜ぶことも、「○○が悪い」と嫌悪することも、偏ったものの見方になります。

 

良いや悪いがなくなるとこの世界のルールは崩壊し、すべてが悪い方向へといくのでは?と懸念することはありません。

 

偏見がなくなり、純粋さがでてくると、自分自身の内側の声が鮮明に聴こえるようになります。

 

そして、赦しや寛容さ、冷静さ、自律することができるようになっていきます。

 

滞ったエネルギーは再び流れだし、自分自身が力強い存在であることを感じるでしょう。

 

不要な観念を手放していくにつれて、それに付随する感情や思考の手放しも起こります。

 

エネルギーが正しく方向付けされていき、そうなるにつれて、冷静に、ありのままに物事をみるようになっていきます。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
住所:東京都練馬区関町北5丁目
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇