本文へスキップ

ブログ

2019/04/24

神意識への目覚め

 

こんにちは。渡邉利咲です。

 

クリスタルボディ・システムのことを「いいな」と思ったのは、光線のパワフルさや変容のスピードもすごいなと思って夢中になったのですが、

 

何より「いいな」と思ったのが、「すべては愛である」という考え方でした。

 

クリスタルボディ・システムのワークでは、チャクラや臓器のエネルギー的に不必要なものを解放するワークはありますが、あくまでもこれらは穢れたものを「浄化」するという意味ではなく、もしかしたら今まで必要だったかもしれないけれど、もうご本人にとって必要はなくなったのでお返しするという考え方です。

 

 

解放ワークを行うとき、不必要なものを見送りながら、「ありがとうね」と温かい気持ちになります。

 

もしかしたら、今までは必要であったかもしれないけれど、今はご本人にとって不要になったもの。

 

お役目が終わったエネルギーを宇宙へお返しするのです。

 

そのときは、感謝しながら、「ありがとう」という気持ちを込めて、解放ワークを行っていきます。

 

丁寧に、優しく、感謝しながら、クリスタルボディ・システムのこの感じが好きなのです。

 

そして、不安や恐れ、怒り、優しさ、慈悲、喜びなどのすべてが1つであることを体験したのは、クリスタルのレベル7の光線に満たされたときでした。

 

「すべては愛である」ってこういうことなんだと思いました。

 

クリスタル7は「神意識への目覚めの光線」なのですが、すべては大いなる一であることを体験します。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇