本文へスキップ

ブログ

2019/04/02

私たちが体験したことは、大いなるすべての一部となっていきます。

 

こんにちは。渡邉利咲です。

 

アバンダンス・プログラムを通して世界との関係をクリアにするとともに、祈りを捧げることは私たちがスピリットと強く結びつくことでもあります。

 

祈りは自分のなかの神なる自己との対話であり、本来の自分が望むものはすべて自分の中にあるという気づきを得ることでもあります。

 

スピリットとの対話であり、すべては自分の中に豊富に存在し、何も不足はないのだということをより深いレベルで理解するサポートとなるでしょう。

 

世界は不足感から様々な問題が浮上してきます。

 

虐待、DV、イジメ、憧れ、過剰な悦びや優越感、競争、自信や勇気が出ない

 

これらすべては不足感、欠乏感からくるものです。

 

しかし、すでに内側に豊かさを持っていることに気づき、豊かさの障害となるものを解放していくならば、すべて持っているということに気づくことでしょう。

 

愛が欲しいと思っても、

 

美しい容姿になりたいと思っても

 

常に幸せな気持ちで満たされていたいと思っても、

 

それらは得ることはできません。

 

すでに私たちのなかに十分に溢れるほど持っているものを、得ることなど不可能なのです。

 

瞬間、瞬間であなたが体験したことは、大いなるすべての一部となっていきます。

 

通常のアバンダンス・プログラムを通して行ったことも変容は起こりますが、アバンダンス・プログラムの平和の祈りを通すと、より広く深い変容が起こるでしょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇