本文へスキップ

ブログ

2018/11/08

生きる意味と幸せの追求

 

こんにちは。渡邉です。

 

もう何年も前のお話です。

 

母が病に倒れ、

入院しているとき、

 

ある日、アメリカから

お見舞いに来てくださった方がいました。

 

母がずっと会いたがっていた人。

 

その方が病室に入ってきたとき

一気に部屋の空気が明るくなりました。

 

その方がとても眩しく見えて

まるで後光が射しているかのように

見えました。

 

私の妹たちも

その人には後光が射していたと

言っていました。

 

その方がお見舞いに来た後、

母はとても体調が良くなり、

よく喋り、上機嫌でした。

 

ただ、病も末期でしたので、

その元気も数日しかもちませんでしたが。

 

人が周囲の人に勇気ややる気、

癒しや喜びを広げるのは、

その人そのものが美しく生きようと

しているときだと感じます。

 

その方は学校の教師をしていました。

 

しかし、生徒がイジメによって

自殺をしてしまいました。

 

当時は新聞やニュースで

ずいぶん話題になったようです。

 

先生は心身ともに打ちひしがれ

罪悪感と後悔で

いっぱいだったかもしれません。

 

そして、その方は教師を辞め

生きる意味について模索し始めました。

 

神とは何か、生きるとは何か

幸せとは何か

たどり着いた先はアメリカだったようです。

 

人が大きな光を放つとき、

それは深い闇や

人生の苦難を乗り越えてきたとき、

とても美しく輝きます。

 

そして、ほんとうの優しさ、慈悲心、

愛や冷静さが芽生えてきます。

 

それが人を美しく輝かせ、

病室がぱあっと明るく輝いたように、

人そのものが光を放つのです。

 

一見すると、

光り輝く人々は何の苦難もなく

楽しく人生を過ごしてきたかのようにみえます。

 

それは、その人が本当の意味で

自らの闇に向き合い、

乗り越えてきたからにすぎません。

 

ほんとうの強さとは

誰かに強気に出たり、

従わせることではなく、

 

愛を選択していこうという姿勢だと思います。

 

愛を選択するには、

ときには、赦しや勇気、自信、

謙虚さ、受容、冷静さ、厳しさなどが

必要になってくるでしょう。

 

容易なことではないかもしれませんが、

 

愛から脱線しそうになったら、

何度でも中心に戻って自分のパワーを取り戻し、

個人的なエゴではなく、

愛を選択していく。

 

これは私自身が

心に留めておきたいことだと思っています。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

イベント】女神たちのシンフォニー ヘンプ麻100%衣装『虹の天使』展

日 時: 11月13~18日11:00~16:00

場 所: ふだんのごちそう繭蔵

東京都青梅市西分3-127 TEL 0428-21-7291 

詳細はこちら>>