本文へスキップ

ブログ

2018/08/18

大楠のところへご挨拶に

こんにちは。渡辺です。

 

今回の旅の一番の目的は

大楠に会うことでした。

 

川古の大楠は、推定樹齢3000年

 

この大楠が半径数キロの環境エネルギーを調えています。

 

それはとてもにすごくて、

数キロ手前でも感じるほどです。

 

この高大な樹木は

荘重さのなかに柔らかさがあります。

 

このエネルギー、好き。

いつまでもここに居たいと思えます。

 

 

そして、次は武雄神社へ。

 

 

こちらの武雄の大楠も推定樹齢3000年

 

幹の内部は空洞化しており、

その広さは12畳ほどあるそうで、

そこに天神様が祀られております。

 

樹高30メートル、幹回りは20メートルあり、

全国6位の巨木となります。

 

ちなみに川古の大楠は全国5位。

 

大きいですね。

 

今回、本を書くきっかけになったのが、

この大楠たちでしたので、

 

すべてが終わったら

まずここにご挨拶にお伺いしたいと思っていました。

 

帰り道、夫婦檜がありました。

 

大楠たちの荘重な雰囲気とは違い、

なんだか楽しそうな感じ♪

 

 

「ねえ、エッセンス作っていい?」とたずねると、

「いいよー♪」だって。

 

なんて軽い返事(笑)

 

夫婦檜は上の枝と

 

下の根っこが

 

繋がっているように見えるから「夫婦」なのだと思います。

 

もし夫婦檜に会いにいくことがあるなら、

この橋のど真ん中に立ってみてください。

 

両方の檜のエネルギーが混ざり、

下のほうに降り注いでいるので、

一番エネルギーが高いですよ。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。