本文へスキップ

ブログ

2018/02/26

「まるで最後のご挨拶のようだ」と思いました。

こんにちは。渡辺です。

 

感情コードのカッティングについて、

ご感想をいただきましたので、

掲載させていただきます。

 

渡辺さん、おはようございます

いつもありがとうございます。

 

============

 

先日のセッションを受けての体感等を送らせていただきます。

ただ、調合していただいたエッセンスが「プロテクション」なので、それと相まって出たものかも知れず、ご参考になるかどうか。

 

先ず、カッティングのセッションを受けるときですが、足を揃えて直立してしまったため、目を閉じると何だかグラグラしていましたが、セッションが進むにつれて臍下(下丹田)辺りが座って(落ち着いて)きて、その後中心線(センターライン)が定まった感じがありました。

そちらをおいとましてから3~40分ほどは体が少し軽くなり何だかさっぱりしたかんじがありましたが、その後だんだんと体が重くなってゆき帰宅する頃には呼吸も苦しくなりやっとの思いで家に帰りつきました。

軽く食事をとったあとベッドに昏倒するように横になり4時間ほど眠りました。

目が覚めたあと、飲み物を飲んで落ち着くと、薄暗い広い空間(そこには天も地面もなく回りにも何もなく)にぽつねんと独りでいるような感覚に襲われ、その後金銭的な問題を含むいろいろな事への絶望感を感じ、気がつくと今まで出会った思い付く限りの人に「今までありがとう」と呟いていました。

漠然と「まるで最後のご挨拶のようだ」と思いました。

 

翌日からと言えば、回りの状況や人に対するイライラや無礼や非常識に対する怒り等を、一瞬感じてもすぐに流してしまっているように感じ、そのおかげなのか、エネルギー浪費が少なくなってぐったりするような疲れが少し軽減されたような気がします。

ただ、そのあと会った友人知人のエネルギー等を以前以上に敏感に感じるみたいで、なんと言えばいいか、私のことを思って一生懸命になってくれているのはわかるけれど、その強いエネルギーと一緒に愛以外の心地の悪いものも一緒に感じて体調が悪くなったり、逆にひたすら私のことを思ってそばにいてくれる人に大きな暖かさを感じたり、ご縁に感謝したり。

 

===========

 

ありがとうございました。

 

感情コードの繋がりの強さは様々で、

私たちはコードをつたってエネルギーの交換をしています。

 

しかし、コードが繋がっている人たちが、

何か難しい決断を迫られていたり、

大変な状況に追い込まれているとき、

私たちは相手にエネルギーを与え続けることになります。

 

その数は、もちろん1人ではありませんよね。

 

現代では、ストレスが多い社会ですので、

お互いに無意識にエネルギーを奪い合うことが多く、

疲れる、だるい、肩が重い、やる気が出ないなどの理由で、

自分自身も、相手からエネルギーを奪っている可能性があります。

 

実は、感情コードはこうした性質が問題なのです。

 

これらをリセットし、スピリチュアル的にも自立していくのが、

このセラピーの特徴です。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 Salon Menu

宝石赤 カーシステム 詳細はこちら

宝石赤 フラワーエッセンスセラピー 詳細はこちら

宝石赤 HLT(ホリスティックライトトリートメント) 詳細はこちら

宝石赤 アクセスバーズ 詳細はこちら

宝石赤 レイキヒーリング 詳細はこちら

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/