本文へスキップ

ブログ

2017/12/23

夢(目標)を持つとき、プロセスを気にしない。

こんにちは。渡辺です。

 

夢を持つ。

目標を持つでもいいですし、

目的を持つでもいい。

 

「なれない」とか「どんな方法で?」と思わなくていいですし、

どのようなプロセスでなればいいのか、

考えなくてもいいと思います。

 

ただ「こうなりたい」と思い、

ピンっときたのをこなしていくと、

「なぜ?それをしたいと思ったのか?」の点が線で繋がり、

思いがけないミラクルが起こります。

 

一見、目標とは関係のないことでも、

それはどこかで繋がっています。

 

でも、人間の狭い視野では、

宇宙の壮大さを理解できないのです。

 

「あなたにはできない」とか

「そんな突拍子もないことを言いだしてどうしたの?」と、

夢を諦めた人たちは言うかもしれません。

 

でも、そんな言葉は気にしなくてもいい。

やりたいなら、やればいい。

誰かのための人生ではないのですから。

 

もし、夢を語りたいと思うとき、

語る相手を選ぶ必要があると思います。

わからない人には話さない。

 

話すとエネルギーが分散されますし、

人によって霊的成長の段階が様々ですので、

夢を語ることで、その価値を低めてしまうことがあります。

 

ですから、心のなかで温めることも大切ですね。

 

今年ももうすぐ終わり、

新しい年がはじまります。

 

2018年に叶えたい夢(目標)はなんでしょう。

どのような年にしていきたいですか?

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇