本文へスキップ

ブログ

2017/08/01

時間が経つにつれて変化が起きる

こんにちは。渡辺です。

 

今日は、山形にある宝珠山 立石寺へ行ってきました。

 

こちらは、樹齢1000年を超える日枝神社の御神木。

 

樹齢数千年の木は、独特の存在感があります。

 

IMG_20170801_194049972.jpg

 

ここでしばらくこの木と静かに過ごしました。

 

IMG_20170801_194050103.jpg

 

宝珠山立石寺は、通称『山寺』と呼ばれています。

 

創建は、貞観二年(860年)天台座主第3世慈覚大師円仁によって建立されました。
 

松尾芭蕉がこの地を訪れ、「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」の名句を残したことでも有名です。

 

今週は、夜な夜な執筆活動を続けております。

 

アバンダンス・プログラムも続けています。

 

心がさらに強くなり、「宇宙に委ねる」ということも、より自然にできるようになりました。

 

5年前、何かに導かれるかのように、思ってもみなかった展開となりました。

 

存在たちに促され、たくさんの内面のワークを続けているうちに、人生に大変容が起こりました。

 

私は、フラワーエッセンスセラピストですが、内面のワークはフラワーエッセンスだけではありません。

 

存在たちに促され、様々なヒーリングをし、内面のワークを続けました。

 

地球のエネルギーと宇宙のエネルギーを効率よく取り込むと、バランスが取れる感覚があることに氣づきました。

 

エネルギーというのは、とても奥が深いものです。

 

 

一緒にアバンダンス・プログラムをしているYさん。

 

「波はある」というタイトルで、アバンダンス・プログラム中に感情の波があるというブログを書いています。

 

 

「【AP日目】波はある」編集者Yさんのブログはこちら>>

 

 

わかります。

 

アバンダンス・プログラムを始めたから、「今日からラッキー」になるわけではありません。

 

感情の波はあるんです。

 

「今日はいい気分だな~。プログラムのお陰かな~。」と思ったら、次の日には「気分が悪い!ちゃんとアバンダンス・プログラムやってるのに!」と思ったりします。

 

私も初めてのときは同じでした。

 

でも、アバンダンス・プログラムが終わる頃、とても元気が出てきました。

 

なんでもできる気持ちになっていたんです。

 

人生はバラ色で、とても楽しいと感じました。

 

そして、プログラム終了後は、ありがたいシンクロが起こってきました。

 

プログラムが終了して、1か月後、2か月後と、時間が経つにつれて人生が変化していくのです。

 

それが本当に楽しい!

 

一気には変化しません。

 

だって、一気に変化すると、エネルギー体にショックを与えるでしょうし、状況が大きく変化するのは現実面でも辛いでしょうから(笑)

 

ですから、少しずつ変化するのだと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
フラワーエッセンスセンターロライマ
http://roraima-flower-essence.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇